川根本町の空き家バンク利用で古民家を格安値引き購入する裏技!

川根本町ラボ | 古民家購入 田舎暮らしを楽しむ
川根本町で古民家を安く購入する方法

川根本町で古民家を格安で購入出来たら移住しやすくなると思いませんか?実際に古民家を空き家バンクの利用で、不動産屋から140万値引きして購入した時のポイントを完全公開します。

古民家の値引き方法だけではなく購入時のチェックポイントや、古民家や賃貸を他の事業へ使用する時の事例についても解説します。

空き家バンクで紹介されている川根本町の古民家は言い値で買ってはいけません!

スポンサーリンク

川根本町の空き家バンク利用で古民家を格安値引き購入する裏技!ポイント

  • 古民家は基本言い値で買わない事が前提条件!(値段は周りの相場を見ながら適当に右にならえでつけているのが真実)
  • 契約時には瑕疵担保責任の有無をはっきりさせる。(古民家の場合はナシだが、賃貸の場合はからなずオーナーに確認する事)
  • シロアリ程度なら柱を取り換える事も可能だが、屋根の水漏れや基礎の傾きなど修復が難しい物件は安くても避けよう。
  • コンセントや水漏れ程度なら修繕費用を値引き交渉の理由として十分利用可能。(修繕に必要な他の部分も見つけて値引き交渉の材料としよう!)
PR:このページではプロモーションを表示しています

やり方次第では破格の値段で川根本町の古民家を購入できますので、ぜひこのブログを読んで川根本町での古民家購入の参考にしてみてください。

私の場合は販売価格から140万値引きして貰い購入しました。

移住先で人気の川根本町では古民家がどんどん売れている!

川根本町では最近移住者がとても増えている人気の移住先で、古民家を購入して川根本町に移住する前に、何故川根本町が移住先に選ばれるかを少しお話しします。

  • 人が親切で優しい川根本町。川根本町民は基本穏やかな人ばかりです。静かな環境が良い。各種移住支援も充実している。
  • 観光地の為、温泉やキャンプやアウトドア等のレジャーも気軽に楽しめる。特にカヌーなどは強く、川根本町からオリンピック選手が出ているほどです。
  • 普段の生活においても光環境で高速なインターネット通信が出来、地方と言えど仕事や動画配信をするには十分な環境が整っています。
  • 仕事は基本ノマドワーカーやフリーランス等のネット環境を利用したビジネス向きですが、ハローワークを見てみると工場や機械、ネット関係の職場もあります。
  • 助成金が出るそうなので古民家(空き家)を改修して農家民宿やカフェ、飲食店を開く人が非常に多いです。

農家民宿やカフェ、飲食店は助成金が出るのと特別な技術が要らないので誰でも始められるビジネスではありますが、川根本町では競合他社がどんどん増えて飽和してきている印象を受けます。

ユーザーにとっては選択の幅が広がり有難いことですが、ビジネスはある種競争ですので、経営内容を他と差別化できない経営者はどんどん淘汰されていく方向になるかもしれません。

川根本町で古民家を買うときのチェックポイントや値引き交渉法!

物件に乗っている価格は殆ど売主が何となくそれくらいの価格で出している。特に販売価格に明確な理由はない事を覚えておきましょう。

川根本町優良企業
古民家を空き家バンクで購入する場合のチェックポイント

ここからはどのようにすれば値引き交渉で有利に話を進めて行くのかポイントをまとめます。

早く物件を手放したい場合、いきなりなんの根拠もなくただ単に値引きしてくれという理由で値引きしてくれる人も中にはいるかもしれませんが、殆どの場合いきなり何の理由もなしに値下げしてくれと言っても価格交渉に応じてくれる売主は少ないのも事実です。

結論から方法を端的に書くと以下のようになります。

空き家バンクで古民家購入の値引き交渉のポイントは、不良個所をはっきりさせて、修繕にかかる費用の見積もりを考えそれを値引き交渉の材料にする。

古民家の不良個所はシロアリや水漏れに始まり多岐に渡りますが、どのうよなものかもう少し詳細を書くと、すぐに生活が出来ないレベルで修繕の必要がある古民家です。

その中で内見した結果、いくら環境が良かったとしてもやめた方がよい物件の筆頭が、屋根に関する修繕を必要とする物件です。

雨漏りすれば当然屋根だけに被害範囲がとどまらない事は想像に難くないですし、程度にもよりますが、こういぅた物件は内見の段階で一番最初に除外します。

柱などは、まだシロアリに食われたとしても取り換える事が出来るので、可能であれば床下に潜って中を検査させてもらいましょう。

私も物件購入時は、売主さんに頼んで床下に潜らせてもらいましたし、他にも水準器や下げ振りなどを利用して床や壁、ドアの傾きをチェックしました。

次に挙げたい古民家物件の深刻な状態がコンクリート基礎の状態です。

応力クラックが危険な理由!

このように物件の取り壊しでしか対応できないような深刻な修繕が必要な古民家は、例え空き家バンクで安くても除外しましょう。

一番交渉材料にしやすかったのが古民家の水漏れ箇所です。

自分が水道配管を仕事で何度もやって得意な事もありますが、可能であれば水道も一時的に通してもらい、水漏れの有無の確認と、電気も通してもらいコンセント各部の電圧チェックをして、コンセントにきちんと電源が来ているか?断線していないかを調べます。

もう一つポイントを挙げるとすると、そこまで細かい見積もり内容は作成しなくていいという事です。

前述しましたが、売主さんも物件に関する知識は正直素人で、古民家の販売価格自体も何となく右に倣えでつけて、空き家バンクに載せている事が殆どです。

その証拠に『ゆとりすと静岡』の物件を見てみてください。販売価格自体は売主さんが自分で決められるにも関わらず、殆ど価格が同じ