電気がチカチカする原因は漏電?蛍光灯やグローランプ・電球の直し方

室内の蛍光灯 電気電子・情報工学
蛍光灯はLEDよりも寿命が短く生産が縮小される傾向にある

電気がチカチカする原因は蛍光灯のグローランプや安定期が原因で漏電して危険なのでしょうか?結論から言って蛍光灯の点滅は漏電が原因ではありません。

蛍光灯がチカチカする原因は蛍光灯本体のランプやグローランプの寿命である事が殆どで、安定器が故障する事は稀です。

蛍光灯以外の電球やLEDがチカチカ点滅する原因についても技術的な解説を交えて詳らかにしていきます。

スポンサーリンク

電気がチカチカする原因は漏電?蛍光灯やグローランプ・電球の直し方ポイント

  • 蛍光灯の電気がチカチカ点滅するのは漏電や故障ではありませんし、火事の危険もありませんのでご安心ください。蛍光灯本体やグローランプの寿命が来ている事が殆どです。
  • LED照明や電球がチカチカ点滅する原因は仕組みによって異なり、LED照明が点滅する原因はコンデンサーの不良が考えられ、電球の点滅はフィラメントが切れかけて接触不良を起こしている可能性が高い。
  • 周波数の異なる地域で、安定期の選定をミスると安定期の寿命を早める原因になる。安定期はコイルで周波数が上がると抵抗が増す。この抵抗をリアクタンスという。
PR:このページではプロモーションを表示しています

蛍光灯がチカチカ!放置で漏電して火事の危険はあるのか?

冒頭でお伝えした通り、蛍光灯や電球・LED照明がチカチカして点滅しても、放置で漏電や火事のケースは殆どありませんが、注意の必要なケースもあります。

天井の蛍光灯
蛍光灯がチカチカ不安定な原因は様々

まず初めに蛍光灯がチカチカ点滅する原因をお話しします。

蛍光灯は内部が真空で蛍光物質を塗布したガラス管内には放電をよくするために水銀蒸気も封入されています。

蛍光灯を点灯するのに、グローランプを使用するのが一般的ですが、これは蛍光灯内部のヒーターを温めて熱電子を放出しやすくする役割をしています。

グローランプはバイメタルという熱で変形する金属が使用されており、蛍光灯のヒーターを温めるのに丁度よい時間に接点が切れるように設計されています。

蛍光灯の点滅する原因の一つとしてグローランプが挙げられますが、このグローランプのバイメタルの劣化異常でヒーターの加熱不足が起こると正常に蛍光灯が放電せずに、何度も点滅を繰り返す原因となります。

続いて蛍光灯本体ですが蛍光灯本体には先ほどお話ししたように内部には熱電子を放出しやすくするためのヒーターが入っています。

このヒーターは蛍光灯で一番劣化しやすい部分です。(電球のフィラメントのようなもの)

何度も点滅を繰り返すと次第にヒーターの一部の接触不良や、グローランプのタイミング異常でヒーターが過熱されてオレンジ色に光る事も良くあります。

FL30S用蛍光灯安定期
安定器とは一時的に高電圧を発生させて蛍光灯を放電させやすくさせる働きがある

安定期に関してですが、こちらはちょっと電気回路的な話になりますが、例えば関東の50Hzで使用していた蛍光灯の照明器具を、静岡の60Hzの地域で使用した場合、どのような不具合が起きるでしょうか?