シャツミストVSシャツクール最強はどっち?おすすめの冷感スプレー

シャツクールVSシャツミスト最強はどっち? 田舎暮らしを楽しむ
結論から言うと、シャツミストが最強です!シャツクールは値段が安いメリットがあります。

シャツミストVSシャツクールで最強は、シャツミストです!

シャツクールは、エタノールとℓメントールのみの成分ですが、シャツミストにはこの二種類の他にも、肌の保湿効果を保つ乳酸メンチルや、殺菌効果の高い緑茶エキスに加え、香料が配合されているので、シャツミストは様々シーンでおすすめの冷感スプレーです。

但し、単一の成分のみで構成されているシャツクールは、配合されている成分の種類が少ない分、値段が安いのでおススメです。

暑さ対策には、持続力や肌の保湿効果も期待でき、殺菌効果もあるシャツミストが最強です!

スポンサーリンク

シャツミストVSシャツクール最強はどっち?おすすめの冷感スプレーポイント

  • シャツミストVSシャツクールで最強の冷感スプレーはシャツミストです。
  • シャツミストは、冷感効果に加え殺菌、消臭効果が期待でき、香りもブレンドされています。
  • シャツクールはℓメントール単一の成分ですが、値段が安く冷感効果が高いのが特徴です。
PR:このページではプロモーションを表示しています

シャツミストVSシャツクールの最強はどっち?成分から調べてみた!

小林製薬から発売されているシャツクールの基本成分は、エタノールとℓメントールが主成分ですが、アース製薬から発売されているシャツミストは、エタノール・ℓメントールに加え、乳酸メンチル、緑茶エキス、除菌剤、香料が含まれています。

シャツクールの成分表
主成分はメントールとエタノールの二種類

最強はどっちと言えば、私は迷わずシャツミストの方をおすすめしたいです!

勿論、エタノールとℓメントールだけでも、服の上からでも十分に冷感スプレーの効果は体感できますが、アース製薬から販売されている他の成分については、他にも以下の効果が期待できます。

乳酸メンチルという聞きなれない成分が最も気になりますが、これは医薬品、化粧品や肌ケアにも良く含まれる成分で、乳酸メンチルは、乳酸とメントールが結合したエステル化合物で、主に清涼感を与える作用があります。

要するにℓメントールと同じような成分ですが、もう少し掘り下げて解説すると、メントールと乳酸メンチルでは以下の違いがあります。

清涼感にかんしては、単一成分のメントールの方が強いとされていますが、乳酸メンチルは乳酸が持つ保湿作用により、肌の潤いを保ちますが、メントールにはこの効果はありません。

乳酸メンチルが何故医薬品として使われるかというと、乳酸メンチルには軽い炎症を抑える効果があると考えられており、メントールにも同様の効果がありますが、乳酸メンチルの方が持続性があると言われています。

特徴メントール乳酸メンチル
化学構造単一の化合物エステル化合物(乳酸とメントールが結合)
水溶性ほとんど溶けないやや溶ける
清涼感強いやや弱い
保湿効果ないある
抗炎症作用あるが弱いある(持続性があると考えられる)
メントールと乳酸メンチルの特性比較

もう一つ、シャツミストで注目したい成分が、緑茶エキスです。

シャツミストに含まれる緑茶エキスの主な用途は、ポリフェノールの一種であるカテキンによる汗や皮脂などの消臭効果ですが、他に緑茶エキスは様々な効果を持っています。

緑茶エキスに含まれるカテキン類は、非常に高い抗酸化作用を持つことで知られており、抗酸化作用は、体内の活性酸素による細胞の酸化を防ぎ、老化や病気の予防に役立ちます。