100円ライターガス補充と火力調整がないライターの火力を上げる

100円ライターのガス補充 趣味のDIY
チャイルドロックの無い100円ライターはガスの補充が簡単!

ダイソーで販売している安価な100円ライターにガス補充が簡単に出来たり、火力調整がないライターの火力を上げる方法があったら便利だと思いませんか?

100円ライターには火力調整機構のついたものが一般的ですが、本来の火力が弱く設定されていると、どんなに調整範囲を最大にしたところでそれ以上の火力を上げる事が出来ません。

そこで、今回はダイソーで販売している安価な100円ライターを分解して、根本から火力調整ネジをいじってライターの火力を上げる方法と、100円ライターにガスを補充する方法を紹介します。

ただでさえ安い100円ライターにガス補充をして、火力を自在に調整できるように改造してみましょう。

スポンサーリンク

100円ライターガス補充と火力調整がないライターの火力を上げるポイント

  • 100円ライターの火力を上げるには、ガスバルブを閉める方向へ回して指でボタンを押した時に、ガスが出やすくなるように調整する。
  • ガス補充するには、100円ライターを分解してガスバルブを閉める方向へ回し、ガスが内部に入りやすくなるように調整する。
  • ガスバルブを閉める方向へ回せば火力が上がるが、火力の上げすぎは100円ライターの燃調が狂い、未燃焼ガスが出て危険なのでほどほどに留めよう。
PR:このページではプロモーションを表示しています

100円ライターでもガス補充が出来る!ガス補充のやり方を解説

100円ライターでものによりますが、ちょっとフレームを分解して機構を把握すれば簡単に使い捨ての100円ライターでもガスの補充が可能なので、ガス補充のやり方について解説します。

100円ライターへのガス補充は推奨されるものではありません。室内で多量にガスが漏れて引火すると爆発の危険性がある為、ガスの補充は安全を考慮して屋外で行ってください。

デュポンのガスライター
火力調整機能とガス補充部分がついて居るが、専用のノズルが必要な場合がある

ガス補充前に100円ライターの仕組みや構造について知ろう!

100円ライターの構造を予め知っておけば、なぜガス補充が簡単に出来るのかをより正確に理解する事が出来、ガス補充時の事故防止にも繋がりますので、まずは100円ライターの仕組みから理解しておきましょう。

結論から解説すると、100円ライターにガスを効率よく再補充するには、100円ライターのフレームを分解して、ガス調整の大元のネジを最大限まで閉めてから補充すると、ガスが簡単に注入できます。

100円ライターの仕組みを理解するには、『東京暮らしWEB -消費生活に関わる東京都の情報サイト-』が最も分かりやすいです。

アクセスすると別窓に飛びますので、PDF形式の資料をダウンロードして資料を読む事が出来ますが、ここではこのサイトに書かれている事を100円ライターのガス補充部分の仕組みに絞って解説します。

100円ライターのガスが出る構造は大きく分けて2か所あり、指で押すとノズルが押し上げられてガスが解放される機構と、ガスの出る量を調整するネジの部分です。

ポイントはこの火力調整ネジの部分で、このネジが一杯まで緩めてあると、ガスは完全に入れる事も出る事も無くなります。

この火力調整部分のネジをさらに細分化すると、人が調整する部分のつまみと、ガスが出る部分の大元のネジと直結しています。

このネジは外す事が出来、本体と分離できます。

余談ですが、分解してこのネジを取り外し、水などを入れてガスを再充填すると100円ライターで水鉄砲を作る事が出来ます。