火災報知器が電池切れでうるさい!ピッピッ音の止め方を図解で解説

火災報知器 趣味のDIY
火災報知器が電池切れでうるさいときの対処方法は?

火災報知器が電池切れでピッピッと鳴ってうるさい事ってありますよね?火災報知器の音がいつ止まるか結論から言うと、電池が無くなるまでこの音は定期的になり続け、止まりません。(火災報知器の音がうるさいからと手動で止められたら安全の意味がない為)

電池を外すか交換すれば良いのですが、火災報知器の電池は普通の電池と違い特殊で高価です!止まらない音の止め方や、電池交換についても解説します。

火災報知器は新規でも旧型でも取り付け方向や取り付け方法についても注意点がありますので、施工時の注意点についても説明します。

スポンサーリンク

火災報知器が電池切れでうるさい!ピッピッ音の止め方を図解で解説ポイント

  • 火災報知器の電池が切れてピッピッとうるさいときは、電池を取り外して交換しよう!電池を外すだけなら工具不要。
  • 旧型の松下電機製の火災報知器の電池でも、新型の物を使用可能!一部互換性あり。(要確認)
  • 新規で火災報知器を取り付ける場合は、取り付け方法や取り付け方向に注意!基本的に両面テープのみでの取り付けは禁止されている。
PR:このページではプロモーションを表示しています

火災報知器の電池切れでうるさい時は電池を外すか交換しかない!

火災報知器の取り付け部分は古いので捨ててしまいましたが、基本的には下記写真のように取り付け部分と本体が別になっており、一々ネジを外さなくてもねじったりすれば簡単に取り外して電池交換できる仕組みなっています。

火災報知器の裏側
火災報知器は簡易的にねじ止めされているだけ

この火災報知器は電池の持ちがとても良いですね!古民家を購入した時にもともとついて居たもので、2007年頃に取り付けられて17年経過していますが、未だに電池切れを起こしていません。

これは松下電器の火災報知器で、CR17450E-R電池も未だ現役で存在しているので交換すれば普通に使えます。

ピッピッうるさい音を止めるにはこの水色の電池を引っこ抜き、コード事外してしまえば収まります!

電池と火災報知器本体
火災報知器と電池の交換はコネクタを抜くだけ

火災報知器の電池と白と赤のコードの拡大写真ですが、コネクタを差し込むときに赤と白の線を間違えて接続すると、火災報知器が故障する可能性がありますのでくれぐれも注意して差し込んでください。

コネクターが劣化していて外しにくい場合は、ラジオペンチなどの先の細い工具でコネクタの電池側をつまんでゆっくり引き抜きましょう。

間違えてもぐりぐり動かしたり、本体側のコネクタ事引っ張るような事はしないように注意しましょう。(最悪電池が取り付けられなくなります)

パナソニック火災報知器の電池は互換性がある!CR17450E-R対応

今回取り外した古い火災報知器は松下電器ですが、松下電器はパナソニックですので電池も互換性があります。