DV継手とは?違いやVU塩ビ管に使えるカタログと寸法表

塩ビ管の継ぎ手の種類 趣味のDIY
ストレートにエルボ・チーズやキャップが基本の継ぎ手

塩ビ管を使用し接続する時のDV(DrainVent)継手やTS(TaperSized)継手とは何でしょう。

DV継手は主に排水・排気用の継手でVU等の肉薄の塩ビ管に使用され、TS継手は圧力のかかる水道配管の継手として使用されています。

VP管やVU管に接続する時の種類と違いや、継手の寸法やカタログについて解説します。

スポンサーリンク

DV継手とは?違いやVU塩ビ管に使えるカタログと寸法表ポイント

  • DV継手は塩ビ管のVU管を接続する時に使用する専用の継手の事でDrainVentの略称である。
  • TS継手は高圧のかかる水道配管流体が流れる塩ビ管のVP管に接続する時に使用する専用の継手の事でTaperSizedの略称である。
  • DV継手もTS継手も地中に埋設して使用する事は可能だが、より強度の高いVD継手という地中埋設専用の高強度な鋳物製で防食処理された配管もある。
PR:このページではプロモーションを表示しています

DV継手とは?TS継手との違い

DV継手とTS継手の違いは冒頭でも少し紹介した通りですが、DV継手はVU-DV継手とも言われており、薄肉排水・排気塩ビ配管で使用される継手です。

TS継手は高圧力がかかる水道配管などの継手として使用され、VP-TS継手とも呼ばれています。

使用するパイプの種類やストッパー部分の高さの違いがDV継手とTS継手では異なります。

ストッパーの位置や高さがTS継手とDV継手では異なるので、もしなんらかの方法で別の継手に変換してしまった場合、排水が上手くされなかったり、圧力に耐えられず破裂するリスクが懸念されます。

今回主に紹介するのはDV継手ですが、参考までにTS継手の代表バルブソケットとは下記のような商品です。

VD継手って何?VD継手というものも存在する

DV継手について調査していると、少数ですがVD継手というDV継手と勘違いしそうな紛らわしい継手も存在します。

VD継手はかなり特殊な用途で使用されています。

その躯体も鋳物製で鉄で出来たものを防食処理した特殊な管端防食継手です。

実は私はこれまでVD継手の存在を知りませんでしたが、しらべたところによるとどうやら埋設用途の水道配管として使用されるようです。

通常の塩ビ管であるVPも勿論埋設して使用されますが、鋳物製ですので埋設後高負荷のかかる場所や、埋設深度が高い場所に使用される特殊な配管継手のようです。

VD継手に関する詳細は宮脇鋼管株式会社さんのHPが参考になりました。

鉄管の種類は?水道やガス管用など鋼管の性質にあった選び方 - 鋼管パイプ加工の総合技術商社 宮脇鋼管株式会社
鉄管の種類には、水道管やガス管、空調の配管用のものなど、インフラを支える役目のものが多くあります。用途にあった鉄管を選び施工するために、性質などを理解しなければなりません。鉄管にはどのような種類があるのかや素材としての特徴をご紹介します。

水道配管全般に関する知識や施工方法の基本はこちらの記事でもまとめていますので、併せてご覧ください。

配管時に必要な道具や材料についても詳細に解説しています。

水道配管の基礎知識を解説してDIYに活かす方法

こちらの記事では、雨樋のパイプと塩ビ管を接続して使用できるのかを実際に接続して検証しています。

見た目は悪いですが、余った塩ビ管:VU管と雨樋は実際に混ぜて使用する事が出来ます。