イレクターパイプで高強度棚を簡単DIY!必要な部品も全て解説

川根本町ラボ | 矢崎のイレクターパイプ 趣味のDIY
川根本町で仕事用のデスクをイレクターパイプで制作しました。

イレクターパイプで高強度の棚や物置を自作する方法を未だ公開されていない完全オリジナルの設計図付きで教えます。今回の記事を読めばイレクターパイプDIYに必要な部品から何故DIYで棚作りやガレージ作りにイレクターパイプが最適なのかを完全理解できます。
今回は工場従事者で実際に現場でイレクターパイプを使用した豊かな経験からイレクターパイプDIYや強度のある棚に関する基本をお教えします。

スポンサーリンク

イレクターパイプで高強度棚を簡単DIY!必要な部品も全て解説ポイント

  • イレクターパイプを使えば室内に強度のある棚や机を自作する事が出来る。
  • イレクターパイプで強度のある棚や机を自作したい場合は、専用工具よりチップソー切断機の購入をおすすめ。(沢山カットすると専用工具では時間もかかるし手が疲れる)
  • 強度のある棚や机の設計図は手書きでOK。組み立ては六角レンチとサンアローが必要。
PR:このページではプロモーションを表示しています

イレクターパイプは主にDIYでは無く工場の製造ラインで使用される程信頼性と耐久性があります。イレクターパイプは矢崎計器が製造販売している金属パーツの一つです。工場では製造ラインや検査ラインでとても重量のある計器や、材料、製品を置いて使用しています。

重量物を置いて作業するケースがあるのは勿論の事、工場では時に薬品も使用する事があり薬品がかかっても錆びたり溶けたりしないような耐薬品性のある部品でなければ使用できません。

このようにあらゆるケースを想定して矢崎が工場向けに制作したものがイレクターパイプなのです。参考までに大体の強度目安をお伝えすると、500mmの寸法でメタルジョイントを使用して中心に荷重『負荷』をかけた場合、約160kg前後の重量に耐えられると言われています。
これは途中に支えや梁が無い状態での強度ですので、梁を付けて中間に支え棒を入れれば一般的な作業机や棚などには十分すぎる位高強度なものが自作出来ることがわかります。

イレクターパイプは金属のパイプをプラスチックでコーティングして作られているのが耐久性の高い理由の一つでもあります。接続方法もシンプルで金属ジョイントを使用して六角レンチで接続する方法とプラスチックジョイントを専用接着剤のサンアローで接着する2パターンがあります。

イレクターパイプ骨組
イレクターパイプと金属ジョイント

イレクターパイプで棚をDIYする時のアイデアや設計図を作り方を交えて解説

川根本町ラボ | 矢崎のイレクターパイプ
イレクターパイプで自作した作業机
川根本町ラボ | 矢崎デスク
イレクターパイプDIY

プロフィールにも書いた通り、私はいくつかの工場で勤務経験があります。ほとんどと言っていいくらい、生産工程や検査工程のデスクには矢崎のイレクターパイプが使われていました。

イレクターパイプ+分厚い合板+導電性のグリーンマットというのが大抵の工場でお決まりのパターンでした。それに蛍光灯を取り付けたり、棚をカスタマイズしたりとイレクターパイプは幅広く使われています。私も先輩に教わった技術を生かし、自分だけのオリジナルデスクを作りました。(グリーンマットは電子機器を取り扱う上でクッション性も高く物書きもしやすく事務用途にも使える非常に便利なマットですが、個人で手に入れるのは非常に難しいです。自分も机をDIYした時にそろえようと思いましたが、個人のカットに対応している店舗が無く1巻10万くらいするものしか販売されていませんでした。工場で沢山使う場合にはお買い得ですが、個人で机一つ作るのに1巻は無駄すぎます)

参考にしたデザインはネットと直近で勤めていた工場のデスクを参考にしました。総製作費は5万円位かかったでしょうが、ニトリで自分に合わない適当な机を買うよりおススメです。イレクターパイプで作った机はベースがほぼ金属ですので丈夫ですし、アイデア次第で無限のカスタマイズが可能な点です。無骨な見た目も好きです。

何より全て自分の背格好を基準に設計したため、足を組んでも立って作業しても座って作業しても全く違和感がありませんし疲れません。直近の工場では、検査工程などは女性が大半を占める事から机は女性の高さに合わせて設計されていました。よほど背の低い男性でない限りは、工場で検査工程に関わると首や背中が痛くなります。

イレクターパイプは専用のカット工具があるのですが、正直あまりお勧めしません。2,3本カットする位ならまだしもこの規模になるととても手動のカット工具では体力が持ちません。それに、手動のカット工具で切断するよりもチップソー切断機を使った方が切断面も綺麗です。
私も初めて手動のカット工具を使った翌日は必ず前腕が筋肉痛になったのを覚えています。

イレクターパイプで机を製作するなら高速切断機かチップソー切断機が必須です。自分はチップソー切断機が自宅にありますが、高速切断機より切断面が綺麗なのでおススメですが、高速切断機はあくまで材料を大量に早く切断するのが目的なので基本角度のある切断は出来ずDIY用途での幅も限られます。

ちなみに、チップソー切断機は”絶対にマキタ”がおススメです。工場や自宅で数多くの種類のチップソー切断機を使ってきた著者がおススメしているので間違えありません。

工具は迷ったらマキタ!高いですがマキタを選んでおけば間違いないです。安いと飛びついてアースマン等のチップソー切断機を購入した後にマキタのチップソー切断機を使うと、その使い勝手や制度の悪さに驚きます。固定の方法等がマキタとは全然異なり、チップソー切断機のメーカーによってはイレクターパイプの表面に固定金具の傷がつくことがあります。マキタならそのような心配もありません。

アマゾンのレビューはそれほど悪くはありませんが、実際に仕事で様々なメーカーのチップソー切断機を使用した経験からすると、どうしてもアースマンは構造上マキタなどに比べてカット制度が良いとは言えません。

チップソー切断機でイレクターパイプをカットしたら、組み合わせる継ぎ手や接着剤が必要です。先ずは接着剤について説明します。この接着剤サンアローはイレクターパイプのプラスチック部分を溶かして材料同士を接合します。

次に主要な継ぎ手部分ですが、プラスチックのものと、メタルのモノがありますがラックを作ったり机を作るのであれば金属製品一択です。プラスチックの継ぎ手は安いですがよほど力のかからない用途以外には使えません。

イレクターパイプDIYに必要な材料と道具は?

上記ではイレクターパイプが使用される背景や道具や材料について簡単に解説しました。事項で実際に使用する材料や道具の詳細について解説します。

尚、イレクターパイプは矢崎が開発製造しているものです。