コンセントがゆるい!100均で出来る差し込み口抜け防止対策カバー

壁のコンセントの穴の違い 電気電子・情報工学
僅か2mmの違いだが、小さい穴(矢印)の方は活線なのだ

コンセントが緩い場合、100均で簡単に出来る差し込み口の抜け防止対策として、差し込み口安全カバー・プラグ抜け止め両面テープを取り付ける方法があります。

差し込み口安全カバーは本来埃などからコンセントを守り、トラッキングを防止する物ですが、ゆるいコンセントもコンセントの規格通りに作られた差し込み口安全カバーの穴で補正されてトラッキングも防止できるメリットがあります。

その他の対策として100均で販売しているペンチで元の位置に補正する方法もありますし、本格的に抜け止め対策をしたいなら、ケーブルをインシュロックで固定して、プラグ抜け両面テープとプラグ抜け防止金具で固定するのが安全です。

スポンサーリンク

コンセントがゆるい!100均で出来る差し込み口抜け防止対策カバーポイント

  • コンセントがゆるい場合は、100均のコンセントカバーや両面テープタイプのプラグ抜け止め両面テープが効果的!
  • 延長コードの形状が原因で緩い場合は、100均で販売しているペンチで変形を戻すなどすれば一時的には使用可能な場合も。
  • 本格的にコンセントがゆるい原因を解決したい場合は、コンセントを100均のプラグ抜け防止両面テープで固定し、ケーブルはインシュロックで固定した上で、プラグ抜け防止金具を付ける。
PR:このページではプロモーションを表示しています

コンセントの差し込み口がゆるい!原因と100均で出来る対策は?

100均で出来る対策方法をお話しする前に、コンセントの差し込み口がゆるい場合の原因から解説します。

コンセントが緩い場合のおおまかな原因は主に以下の三つが存在します。

コンセントが正しく差し込めていない

コンセントって単に浮いた状態じゃなくて、正しく奥まで差し込めばいいというものではありません。

コンセントプラグの端子って差し込み口に向きがあるってご存じでした?延長コードのプラグの種類によっては若干端子部分の形状や大きさの違いがありますので、これが原因でコンセントがゆるい原因になっている可能性があります。

でも、コンセントって普通向きなんか気にしなくても差し込めますし、電子機器の動作に特別影響ってないですよね?では、なぜコンセントの差し込み口に向きがあるのかを解説します。

壁のコンセントの穴の違い
僅か2mmの違いだが、小さい穴(矢印)の方は活線なのだ

コンセントの差し込み口を改めてよく見る機会は無いと思いますが、よく見てみるとわずかに穴の大きさが違います。

この穴の大きさにはちゃんと意味があって、重要な役割をしているのです。

左側が大地に接地されたアース側で電源は来ていませんが、右側の2mm小さい穴は活線と呼ばれ、100Vがかかっている部分になります。

続いてコンセントの内部をよく見てみましょう!画像↓

川根本町ラボ | 活線とアース
活線とアースの位置を間違えないように

これは、野外の防水コンセント部分の裏側ですが、このようになっています。

コンセントは電気工事をする時に被覆を剥く長さが決まっているので、コンセントの裏側に当てて確認できるように親切に長さが書いてあるのが分かります。

更にもう一つ、線には黒と白がありますし、端子を差し込む部分もいくつか穴があります。