蛍光灯の製造中止メーカー一覧は生産終了でどうなる?なぜ製造中止?

蛍光の製造中止メーカー一覧 電気電子・情報工学
蛍光灯の製造中止は、パナソニックを除いてほぼ全てのメーカーで生産終了

蛍光灯の製造中止メーカー一覧は、パナソニックを除いて、殆どのメーカーが製造終了している状況で、蛍光灯の照明器具本体に至っては、全てのメーカーが生産終了しています。

生産終了でどうなるか不安になりますが、直ぐに焦る必要は無く、古い照明器具を付けたままで、蛍光灯ランプからLEDランプを交換するだけで、使用する事が出来ます。(回路が故障した場合はバイパス工事が必要)

なぜ、蛍光灯が製造中止されたのかは、蛍光灯ランプを製造する過程のエネルギー負荷や、蛍光灯ランプ自体に水銀や鉛など環境負荷の高い汚染物質が含まれているからです。

蛍光灯ランプは2027年まで製造されると言われていますが、環境負荷の高さから、その後は法律で完全禁止になる可能性もゼロではありません。

この記事では、蛍光灯の製造現場で製造と生産技術課を数年経験した筆者が、蛍光灯製造現場の過酷さや環境負荷について解説します。

スポンサーリンク

蛍光灯の製造中止メーカー一覧は生産終了でどうなる?なぜ製造中止?ポイント

  • 蛍光灯の製造中止メーカー一覧はパナソニックを除いてオーデリック等の有名メーカーが生産終了した。
  • 蛍光灯の製造中止でどうなるか?LED蛍光灯にランプの交換だけで対応可能。(但し回路が故障するまで)
  • 蛍光灯がなぜ製造中止されたのかは、水銀や鉛、PCB等の環境負荷の高い化学物質が原因。
PR:このページではプロモーションを表示しています

蛍光灯の製造中止メーカー一覧は?照明器具の製造は完全終了!

蛍光ランプの製造は2027年末まで継続される予定ですが、その後は製造が禁止される可能性があります。

蛍光灯の生産終了
全メーカーでは蛍光灯ランプの照明器具の製造が終了

現状としては、各社蛍光灯製造の有名メーカーが、蛍光灯照明器具の製造は完全に終了しており、蛍光灯ランプは一部のメーカーでのみ製造を継続しています。

蛍光灯の代替品としては、LED照明がおすすめで、LED照明は、蛍光灯よりも省エネで長寿命、そして安全にも関わらず、近年では価格も下がってきており、蛍光灯よりも安価で購入できる場合もあります。

2024年7月2日現在、蛍光灯の製造を中止しているメーカーは以下の通りです。

  • パナソニック:2019年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。ただし、蛍光ランプ単体の製造は継続しています。
    panasonic.jp Panasonic 蛍光灯
  • 東芝ライテック:2019年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    東芝ライテック 東芝ライテック 蛍光灯
  • 日立:2019年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    adwecs.jp 日立 蛍光灯
  • 三菱電機:2019年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    www.mitsubishielectric.co.jp 三菱電機 蛍光灯
  • アイリスオーヤマ:2020年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    アイリスオーヤマ アイリスオーヤマ 蛍光灯
  • シャープ:2020年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    シャープ シャープ 蛍光灯
  • コイズミ照明:2020年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    コイズミ照明 コイズミ照明 蛍光灯
  • オーデリック:2020年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。
    オーデリック オーデリック 蛍光灯
  • 松下電工:2021年3月に蛍光灯器具の生産を終了しました。