隠しカメラをスマホで見つける検出率9割の方法はiPoneが見つけ方の鍵?

スマホで隠しカメラを見つける方法は? 電気電子・情報工学
基本的にはアプリを使用して発見できるが、全ての隠しカメラを発見できる訳ではない!

隠しカメラをスマホで見つける検出率9割の方法は存在しますが、あくまで9割で全ての盗撮被害を防止できる訳ではありません。

結論から先にお伝えすると、光源を持たないタイプの隠しカメラを探す方法は人力しか存在せず、最近のカメラは非常に見つけ難く細工されているので、様々な生活用品の中から隠しカメラを見つけるのは、干し草の山から針を探すような行為に等しいです。

今回は仕事や大学の研究で工学デバイスを扱った経験のある筆者が、カメラの仕組みから隠しカメラを見つける方法や、iPhoneアプリを利用して隠しカメラを発見する方法と見つけた隠しカメラを完全破壊する方法について解説します。

スポンサーリンク

隠しカメラをスマホで見つける検出率9割の方法はiPoneが見つけ方の鍵?ポイント

  • 隠しカメラをスマホで見つける検出率9割の方法は、あくまで隠しカメラから赤外線をだしているものに限る。
  • iPhoneのアプリで隠しカメラを見つける方法もあるが、アプリを入れなくてもカメラ単体で探す事も可能。(ぼんやりとしていて判り難い)
  • スマホのToFセンサーとは赤外線を照射して対象物との距離を測り、鮮明に映像を映し出す技術。
PR:このページではプロモーションを表示しています

隠しカメラをスマホで見つける検出率9割の方法は存在するのか?

結論から言って、『隠しカメラをスマホで見つける検出率9割の方法は存在するのか?』という疑問については、存在します。

但し、9割という所がミソで、全ての隠しカメラをスマホで見つける事は出来ません。

隠しカメラを見つける方法
隠しカメラをスマホで見つけるには隠しカメラから赤外線が出ている事が条件

詳細は各項目の見出し記事内容を参照して欲しいのですが、ここで具体的な理由を要約すると、明るい部屋に取り付けられている隠しカメラは、部屋の光源を利用しているので、ワザワザ赤外線を出す必要が無いという事です。

隠しカメラを発見するアプリは、カメラ本体やカメラの仕組み自体を検知して発見できる訳ではありません。

隠しカメラに搭載されている光源を検知してアラートを上げているからです。

その光源とは、具体的には赤外線の事で、夜は真っ暗で何も見えない場所でも、不可視光の赤外線を物体に照射する事で、はっきりと映像を映す事が可能になります。

最近の隠しカメラはネジや、小さな穴からでも鮮明な映像が映るような巧妙な仕掛けになっていますので、iPhoneの隠しカメラ発見アプリだけでは十分ではないという事です。

更に隠しカメラについて深堀すると、カメラには映像を電波で飛ばすタイプと、メモリーカードに保存するタイプがあります。

映像を電波で飛ばすタイプの隠しカメラは、盗撮器発見器を使うと見つける事が出来ますが、あくまで電波ありきで、メモリーカードタイプのものには無力です。

メモリーカードタイプのもので、光源がある部屋での盗撮を対象にした場合、映像の記録が全て自己完結してしまうので、隠しカメラを発見するのはより困難であると言えます。

ただ、このような盗撮カメラでも完全に破壊する方法が存在しますので、隠しカメラを発見したら、再起不能レベルで破壊する方法についても解説します。

隠しカメラの見つけ方!iPhoneカメラで隠しカメラを見つる方法