レーザーポインター所持は違法?強力なレーザーポインターを手に入れる方法

レーザーポインターの所持は違法? 電気電子・情報工学
海外で購入した高出力のレーザーポインターの所持に違法性はありません

結論から言って海外で購入した超高出力のレーザーポインターを所持する事は、現時点で違法性はありません。

強力なレーザーポインターは国内で消費生活安全法で製造販売が輸入販売を含めて禁止されていますので、国内で1mWのレーザーポインターを販売している業者は全て違法業者です。

追記すると、100000mw(100W)等のレーザーポインターは詐欺商品で、100均の5mW以下のレーザーポインターでもカメラに照射すると内部の素子が故障する可能性があるので注意しましょう。

国内では上記の様な詐欺商品や違法販売が横行しており、取り締まりもされていない状況なので、レーザーポインターの購入には注意が必要です。

スポンサーリンク

レーザーポインター所持は違法?強力なレーザーポインターを手に入れる方法ポイント

  • レーザーポインターの所持自体に違法性はありませんが、輸入して販売すると消費生活安全法で違法になります。
  • 上記の理由から、強力なレーザーポインターを手に入れる方法は、タイなどの海外で購入して持ち込むか、既存のレーザーを分解して組み立てる方法があります。
  • レーザーポインターはカメラに当てると内部のCMOSやCCDセンサーが熱で完全に故障する。
PR:このページではプロモーションを表示しています

レーザーポインターの所持はどこまで違法?CLASS分けについて解説

前述した通り、レーザーポインターの所持は違法ではありませんが、取り扱いには注意が必要です。

しかし、日本国内では、消費生活用製品安全法に基づき、出力1mW以上のレーザーポインター(電池駆動の携帯用レーザー応用装置)の製造販売及び輸入販売が禁止されています。

100mWグリーンレーザー
確かタイで200Bくらいで購入した記憶がある

つまり、以下のようなレーザーポインターは、国内で販売・購入することはできません。

  • 出力1mW以上のレーザーポインター
  • クラス3B、クラス4のレーザーポインター

しかし、海外で購入したレーザーポインターを個人輸入で持ち込むことは、現時点では違法ではありません。

ただし、以下の点に注意する必要があります。

  • 高出力レーザーポインター(5mW以上)の所持や使用は、周囲の人を危険にさらす可能性があります。
  • 航空機に向かってレーザーを照射することは、航空法違反となり、罰則が科せられます。
  • レーザーポインターを公共の場所で使用する場合は、周囲の迷惑にならないよう注意する必要があります。

レーザーポインターは、使い方を誤ると大変危険なものです。所有・使用にあたっては、十分に注意し、以下の点を守りましょう。