灯油こぼしたら自然発火する?コンクリート・玄関にこぼした時の対処

灯油は気化する 田舎暮らしを楽しむ
灯油は放置すれば自然と気化します。自然発火する事はありません

灯油をこぼしたら、自然発火する程引火点は低くないので慌てる心配はありませんし、コンクリートや玄関にこぼしても自然と気化するので、少量ならこぼした灯油を放置しても問題ありません。

多量にこぼした灯油の臭いが気になる場合は、対処方法としてウェスにしみこませて処分するしかありません。

灯油は引火点が40℃と大変低い可燃性の液体で、火元の無い玄関やコンクリートで自然発火する事は稀でしょう。

灯油は、コンクリートや玄関など、成分がセメントで出来た土間なら問題になりませんが、多量にこぼして靴やケースなどのプラスチック部分にかかり、放置すると溶けたり変色したりする可能性も十分にあります。

スポンサーリンク

灯油こぼしたら自然発火する?コンクリート・玄関にこぼした時の対処ポイント

  • 灯油をこぼしても、引火点は40℃とガソリンのマイナス40℃と比べると低いので、自然発火する可能性は極めて低い。
  • 灯油をコンクリートや玄関にこぼしても自然と気化するので放置で問題ないが、プラスチック製品にかかると変色や変形の可能性がある。
  • 灯油を玄関にこぼした場合の対処方法は、ウエスや新聞紙に含ませて保管して置けば焚き火の焚きつけになるので捨てるのは勿体ない。
PR:このページではプロモーションを表示しています

灯油をこぼしても自然発火の心配はないが物によっては溶ける可能性!

結論から言って、灯油をこぼしても自然発火の心配はありませんが、物によっては溶ける可能性があるので、飛散した場合はよくふき取りましょう。

灯油の引火点は他の可燃性液体と比べて低く、40℃と言われています。

灯油の引火点とは、灯油が40℃以上になると灯油のガスが発生し、何らかの静電気やスパークで発火する可能性が高いことを示しています。

この引火点が高い程、燃えにくい液体で、ガソリンはマイナス40℃と引火点が大変低く、揮発し易く燃えやすい液体と言えます。

引火点が低い灯油ですが、火災の心配なく完全に安心な燃料という訳ではないので、ガソリン同様安全に注意して取り扱う必要のある燃料です。

灯油自然発火に消火器
灯油を使うなら消火器も必ず準備しよう

灯油やその他の液体の燃えやすさは、引火点以外にもさまざまな要因によって異なり、『引火点』『蒸気圧』『揮発性』『発熱量』『酸素濃度』『点火元』で変化します。

以下に、主な要因とそれぞれの影響について説明します。

前述の通り、引火点は液体などの可燃物が燃え始めるのに必要な最低温度です。引火点が高いほど、その物質は燃えにくくなります。

蒸気圧とは、液体から蒸気が発生しやすい度合いを表す指標です。蒸気圧が高い液体は、より多くの可燃性蒸気を発生しやすいため、燃えやすくなります。

揮発性とは、液体 が気体になりやすい度合いを表す指標です。揮発性の高い液体は、より多くの可燃性蒸気を発生しやすいため、燃えやすくなります。

発熱量とは、燃焼時に発生する熱量を表す指標です。発熱量が高い液体は、燃焼時により多くの熱を発生するため、燃え広がりやすくなります。

燃焼には酸素が必要です。酸素濃度が高い環境ほど、燃焼が活発になり、燃え広がりやすくなります。

点火源とは、燃焼を始めるための火花や静電気などのことです。点火源のエネルギーが大きければ大きいほど、燃えやすくなります。

これらの要因が複雑に絡み合い、灯油やその他の液体の燃えやすさが決まります。

以下に、代表的な液体の引火点とその他の性質を比較した表を示します。

液体引火点 (°C)蒸気圧 (kPa)揮発性発熱量 (kJ/kg)酸素濃度 (燃焼限界)
ガソリン-4010034,0001.4-7.6%
エタノール-115.929,7003.6-43.0%
灯油401.346,0001.4-7.0%
軽油540.142,5001.4-7.0%
1,00010.12,258
一般的な液体の燃えやすさの表

この表からも分かるように、ガソリンは引火点、蒸気圧、揮発性、発熱量すべてにおいて最も高い値を示しており、最も燃えやすい液体であることが分かります。

一方、水は引火点が高く、蒸気圧、揮発性、発熱量すべてにおいて低い値を示しており、燃えにくい液体であることが分かります。

灯油はガソリンよりも引火