蜘蛛の巣除去にアルコール・クエン酸がおすすめ?溶かす手作り成分

夕方のクモ 田舎暮らしを楽しむ
夜は外灯に集まった虫を捕食する

夏になると屋外の軒下などで段々目立ってくるのが蜘蛛の巣ですが、この厄介な蜘蛛の巣除去には水をかけても殆ど効果が無いばかりか意外としぶとく残っています。

蜘蛛の巣を溶かすには、アルコールでもクエン酸の手作り成分でも効果はありません!蜘蛛の巣の成分はタンパク質で出来ているので、これを除去するおすすめはアルカリ成分のスプレー洗剤が最も効果的です。

実際にアルコール・クエン酸・アルカリ性洗剤を使用して蜘蛛の巣退治の検証をしてみました!

蜘蛛の巣を作らせない方法や、除去するための道具はダイソーで十分な理由も解説していますので、蜘蛛の巣除去でお悩みの方は是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

蜘蛛の巣除去にアルコール・クエン酸がおすすめ?溶かす手作り成分ポイント

  • 蜘蛛の巣に水をかけても無駄!水圧をかけて飛ばそうとしてもなかな落ちないし、蜘蛛は同じ場所に巣を作る性質があるので駆除しなければまた同じ場所で営巣する!
  • 蜘蛛の巣はタンパク質なので、アルコールスプレーで忌避効果は期待できるが溶かす事は出来ない。また、クエン酸スプレーについても同様で蜘蛛の巣を溶かすには不十分。蜘蛛の巣を溶かすならアルカリ性のスプレー洗剤がおすすめ。
  • 蜘蛛の巣を除去するのに難しい道具は要らない!高い所に届けばダイソーのほうき等でからめとるのが最も安価で効果的!
PR:このページではプロモーションを表示しています

蜘蛛の巣に水をかけても無駄!水圧でも意外としぶとく残る

結果からお話しすると、水圧では十分に蜘蛛の巣を除去する事は出来ません。

昼間のクモ
蜘蛛には若干の毒があるらしいが人が噛まれても殆ど問題ないレベルの毒らしい

実際に検証した画像は無いのですが、私も以前同様の事を考えてやったことはありますが水は本当に無駄でした。

水では体の軽いクモを殺虫する効果は少ないですし、ベタベタした蜘蛛の巣は水の勢い程度では除去出来ませんでした。

おまけに蜘蛛は巣を破壊されてもまた同じ場所に何度も巣を作る習性がある為、巣を除去して蜘蛛自体を殺虫しない事には無意味です。

また、蜘蛛の巣は大抵が電灯の回りや軒下に巣を作る事が多く、電気の流れている部分や軒下に水をかけるのは漏電の危険や家の屋根を傷める原因となるので、水をかけて蜘蛛の巣を除去するのは得策とはいえません。

蜘蛛の巣除去にアルコールとクエン酸?溶かすのにどっちが効果的か!

サジェストワードで、蜘蛛の巣の除去について調査していると、アルコールやクエン酸について出てきましたので、実際にクエン酸とアルコールとアルカリ性洗剤で蜘蛛の巣が溶かして除去できるのか?を検証してみました。

蜘蛛の巣対策にどの成分が効果的?
蜘蛛の巣はどの成分で溶けるのかクエン酸・アルコール・アルカリ性洗剤で検証してみよう

クエン酸は霧吹きの中に溶け残りが出るまでめいいっぱい溶かしました。

アルコールスプレーは手先消毒用のどこの家庭にもある一般的なものです。

液体のハイターは霧吹きに入れると危険なので、カビキラーに変更しました!それでは実験の結果をご覧ください。