クレーンゲームのおもちゃが壊れた!不良品の動かないおもちゃを修理

こわれやすいクレーンゲームのおもちゃ 趣味のDIY
不良品ではなく、根本の構造が原因な事も多い

我が家では家族がクレーンゲームが好きでたまに遊んで帰りますが、クレーンゲームのおもちゃはかなりコストを抑えた作りになっているなと感じる事が良くあります。

特に電子機器を使用したものはその傾向が顕著であると感じ、実際に取ったおもちゃも構造上の仕組みから接点不良を起こしやすく、修理が必要な場合もあります。

ぬいぐるみなどは動かないので良いですが、動作不良を起こしやすい電池を使ったクレーンゲームのおもちゃの不良品修理について解説します。

スポンサーリンク

クレーンゲームのおもちゃが壊れた!不良品の動かないおもちゃを修理ポイント

  • クレーンゲームはかなりコストを抑えているので、構造がシンプルで故障しやすいデメリットもあるが、分解や修理が容易であるというメリットもある。
  • クレーンゲームで壊れにくいおもちゃの代表はぬいぐるみだが、キーホルダーのようなおもちゃもプラスチックの固まりなので故障しにくい。
  • 特に壊れやすいクレーンゲームのおもちゃが、電池を使用した電子機器類。一部安全装置が無い危険な商品も。
PR:このページではプロモーションを表示しています

クレーンゲームの壊れた不良品のおもちゃを分解してみた

かみ合わせがわるく、スイッチを押してもなかなか点灯しないクレーンゲームで取った壊れたカメラのおもちゃを分解してみました。

クレーンゲームの壊れたおもちゃ
カメラのつかなくなったおもちゃ。レンズの奥にLEDが見える

見るからにシンプルな構造ですね。カメラレンズ越しの内部にLEDが見えます!

おもちゃ自体もめちゃくちゃ軽く、全く重量感がありませんでした。

カメラのおもちゃの蓋を外した所
クレーンゲームのおもちゃの蓋は殆どがプラスチックのかみ合わせなので慎重に取り外そう

とりあえず、つなぎ目にマイナスドライバーを突っ込んで蓋を開けてみます。

蓋を開ける時に一か所に集中してドライバーでこじると、蓋と本体の接合用のプラスチックの突起が折れてしまうので、まんべんなく力をかけながら慎重に外します。

ゲームセンターのおもちゃは殆どがつなぎ目の接続にプラスチックの柱を使用して接合しており、接着剤などもありませんので簡単に外れます。

中を見て更におどろき!あまりにシンプルすぎる構造です!

カメラのレンズとLED
基本構造はたったのコレだけ!シンプル過ぎる

カメラのLED懐中電灯の基本構造です。

このカメラのLEDライトは単色ではなく、様々な色が発光するタイプでしたので、中で何らかの制御が行われているのかとおもいましたが、LED単体で動作するようです。