ぶら下がりの古い照明器具を交換する方法。自分で取り外し!

裸電球 趣味のDIY
今でも昭和レトロの代表裸電球

ぶら下がりの古い照明器具を自分で取り外して交換出来たら業者に頼むより断然費用を抑える事ができます。和室に据え付けの古い蛍光灯タイプのシーリングライトの交換方法から、電球タイプの照明器具まで取り外し方や交換方法を高校から大学まで電気電子工学科卒業で電気関係の仕事に従事していた筆者が解説します。

注意:ぶら下がりの古い照明器具を交換し配線する場合は電気工事士の資格が必要になりますが、電気がきておらず解体前の物件であれば配線をカットしてぶら下がりの古い照明器具を自分で取り外し出来ます。

スポンサーリンク

ぶら下がりの古い照明器具を交換する方法。自分で取り外し!ポイント

  • ぶら下がりの古い照明器具を自分で取り外して交換するには、電気工事士の資格が必要になるパターンと要らないパターンがある。
  • 電気工事士の免許が不要で自分で交換できる照明器具は引っ掛けシーリングのタイプのぶら下がりの古い照明器具です。
  • 解体前の電気が来ていない物件であれば無資格でもぶら下がりの古い照明器具は勿論、どんなタイプの照明器具でも自分で取り外しが可能!
PR:このページではプロモーションを表示しています

ぶら下がりの古い照明器具は自分で取り外しできる!その理由とは!?

結論からお話しすると、ぶら下がりタイプの古い照明器具を自分で交換する事ができますが、幾つか注意点があります。まずはその注意点からお話しします。

第二種電気工事士を持っていればオールOK!

第二種電気工事士を持っていれば家庭の照明の配線などを外したり取り付けたりすることが出来ます。配線の取り外しが必要な場合においては電気工事士の資格が必須になります。

ポーチライト
ねじ止め式のポーチライト
昭和バブル期の室内灯
ねじ止め式のシーリングライト:蛍光灯

代表的なダメな例として、上記の画像のようなポーチライト。写真を拡大してよく見ると、ねじ止め部分が見えますね。右の写真の古い蛍光灯タイプのシーリングライトもカバーを外すと天井へのねじ止めがされているので不可能です。

ゆらゆらガラスの洗面灯
昭和初期のゆらゆらガラス
昭和レトロな浴室灯
細長いタイプのガラス製浴室灯

上記のガラス製のカバーがついている照明をご覧ください。上記の二枚は脱衣所と浴槽部分の照明です。水がかかる部分は全て防水パッキンのついた直接配線で天井ねじ止め式のものなので、水がかかる部分の照明本体の交換には電気工事士の免許が必要です!

尚、第二種電気工事士の試験を受ける場合の概要については試験サイト本体のページを参照してください。

第二種電気工事士試験 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター

免許がない場合の古い照明器具はどこまで自分で取り外しできる?

宇宙船のようなライト
古いサークル蛍光灯

免許がない場合、古い照明器具を交換する方法は基本的に引っ掛けシーリングタイプのものでなければ照明器具本体の交換は出来ません。但し、内部の電球をLEDタイプのものに交換する事は免許が無くても可能です。

免許が無くても蛍光灯や電球のランプだけは交換が可能です!

私のように昭和レトロな照明が気に入ってそのまま流用したい場合があります。中に入っているものは蛍光灯ですが、蛍光灯ランプの部分だけをLEDに交換する事が出来ます。

その場合、蛍光灯の交換と同じようにLEDのランプをはめればよいだけなので、超簡単です。しかも、蛍光灯よりも高輝度で低消費電力なので私のようにレトロな照明好きには願ったり叶ったりです。

見極めポイントは照明器具の取り付け部分にあります。

特に和室の古い照明器具の場合は、引っ掛けシーリングになっている事も多いですので、自分の好きな照明本体に交換できるチャンスがあります。

引っ掛けシーリングの具体的な商品はかきのようなものです。