片流れ屋根の小屋をDIYする。2×4で作る骨組みで斜め屋根を自作

川根本町ラボ | 小屋外観 趣味のDIY
作業小屋の外観

おしゃれな片流れ屋根の小屋をDIY出来たら楽しいですし何かと便利です。ホームセンターによくある2×4材を使えば簡単に骨組みを作り、斜め屋根を自作する事が出来ます。今回の片流れ屋根の作業小屋は全て近隣のホームセンターで揃えてDIYしました。誰でも基本的な考え方が分かるように、初心者向けに本当に基本の最低限の知識だけをまとめた製作事例を紹介します。

スポンサーリンク

片流れ屋根の小屋をDIYする。2×4で作る骨組みで斜め屋根を自作ポイント

  • 片流れ屋根の骨組み作りはDIYでも全然難しくない。材料も全てホームセンターで気軽に調達できる。
  • 片流れ屋根の骨組みの基本は三角関数だけど、三角関数なんて意味も計算も分からなくたって大丈夫!底辺と斜辺から柱の高さを求めるだけ。方法はスマホの関数電卓で公式通りに入力すればOK。
  • このレベルの小屋ならだれの手も借りずに一人でイチから制作可能。1人作業なら気楽だし、全て自分の経験になる。
PR:このページではプロモーションを表示しています

作業小屋のDIYをした時の記録みたいなものを残します。これくらいは自分で作れると工賃も浮きますし、勉強にもなります。何より、自分はDIYが好きなので楽しいですね。機会があればまた作りたいと思います。

家は古い古民家に住んでいるのですが、物置などがありませんでした。何か作業小屋とセットで使えそうな物置を自分で作りたいと思い、ホームセンターを物色しているとやはりどこのホームセンターも2×材は充実しています。2018年頃は緊急事態宣言もウッドショックも国家間の問題もまだだったので、価格も安かったです。加えて在来工法などよりも面で支える2倍工法は特別な技術が無くても簡単にDIY可能な事もあり、この工法で建築することにしました。

作業に当たり、ポイントをまとめます。CAD等を使用し、設計する事も出来なくはないですが単なる片流れ屋根ですので、三角関数を利用して計算しました。

尚、今回の記事では全て2×4工法で作成しています。

片流れ屋根トラス設計ポイント

  • 使用する屋根材・地域によって勾配を決める
    今回は屋根にオンデュリン社の屋根を利用しました。施工も簡単で重量も軽いので初心者にも扱いやすいです。屋根を作るときは材料によって勾配も決まってきます。
    最大で90度まで対応するそうですが、、90度??まぁそこはさておき、屋根勾配 12°~17.5°の場合 26本、17.5°~30°の場合 26本、30°以上の場合 23本と支持材の本数も変わってきます。
    この辺は公式サイトに詳細が乗っているので設計の参考にするとよいでしょう。

    豪雪地帯の山形や新潟等では川根本町のように4寸勾配という訳にはいかないので3寸勾配でのトラスの設計を推奨します。
  1. 屋根のトラスの作り
    三角関数を利用します。屋根の底辺は2×4材が2本で3640mです。4寸勾配で屋根を作りたいので角度は21.8度です。4寸勾配角度などで検索すればすぐに角度が出てきます。角度と底辺がわかればおのずと斜辺と高さは求まります。
川根本町ラボ | 三角関数
三角関数を使って底辺の長さと角度から高さと斜辺を求める公式

数学のテストではないので、自分のわかる確実に求められる方法で計算するとよいでしょう。工業高校の方ならポケコンや関数電卓を使った方が早いですし、それがないなら計算サイトもあります。ウインドウズの電卓にも関数電卓機能が付いています。iPhoneでも関数電卓機能がありますので、何でもよいので間違えない確実な方法で計算するのがよいでしょう。

画像の公式を作り間違えてしまったのですが、b=a×tanθが正解ですので間違えないようにお願いします。

ここが骨組み設計のポイント

  • 屋根の材料や地域によって勾配を考える。雪の多い地方などは勾配をきつくする必要があります。(3寸勾配:水平10高さ3の割合)
  • オンデュリン屋根は安くて丈夫でかっこいいですし、ガルバ波板より加工が楽です。
  • 屋根のトラスの設計は底辺と角度が分かれば高さと斜辺が求められる。
  • 骨組みの材料は2×材を使用して作るのがホームセンターでも手に入りやすくおススメ。
小屋建築の様子を画像で説明

では、画像を見ながらどのように作業小屋建築が進められたのかポイントをまとめてご説明します。

[1] まずは整地から初めて床の部分を2×4材で作ります。

川根本町ラボ | 整地が大変だった
プレートコンパクターでもあればなぁ

OSB合板とはこういった製品です。リンク先に詳しい仕様がのっています。

[2] トラス部分は先の計算式で設計

川根本町ラボ | トラス部分の制作
トラス部分は慎重に作ったつもり

[3] 2×4 6F 2本で3640m ドア面の長さは1820m