電撃ラケットパワーアップ改造!触ると危ない最強の殺虫ガジェット

電撃ラケットリミッター解除した結果 電気電子・情報工学
電撃ラケットのリミッターを解除する方法

電撃ラケット(殺虫ラケット)の威力は国によって違う事はご存じですか?

日本とでは虫の種類やメーカーが異なるのもありますが、日本の製品(電撃ラケット)は威力が大分低く抑えられています。

そこで、電撃ラケットをパワーアップさせる改造をして、スズメバチやゴキブリを一撃で倒せる最強の殺虫ガジェットに魔改造しましょう。

電撃ラケットの高電圧発生の仕組みについても詳細に解説しています。

スポンサーリンク

人や動物に使用しない。濡れた手で触らない。電撃ラケットは改造していなくてもスイッチオンの状態では高電圧が発生します。

特にブリーダー抵抗を取り外した改造は、電源を切った後もコンデンサーに高電圧が貯まったままですので注意しましょう。

電撃ラケットパワーアップ改造!触ると危ない最強の殺虫ガジェットポイント

  • 電撃ラケットのパワーアップ改造によって電撃の威力(殺虫能力)がアップするので、今までの電撃ラケットで倒せなかった大き目なスズメバチやゴキブリも一撃で駆除!
  • 改造した電撃ラケット(殺虫ラケット)は電撃の威力がパワーアップしており、放電用の抵抗を除去しているので速やかに虫を駆除出来る。
  • パワーアップした改造電撃ラケットは、威力をアップするために安全装置を外しているので電源を切ってもラケットに触らないように注意する事。
PR:このページではプロモーションを表示しています

夏の虫で困るのは蚊や蛾、ハチなどですが都会はそれほどではなくても田舎では大量の虫が寄ってきます。

虫を寄せ付けない基本的な対策として、紫外線を発生させない照明が必要です。

紫外線を発生させない照明はLEDが代表的です。

蛍光灯や水銀灯などは虫を寄せ付ける照明の代表格と言ってよいでしょう。

どんなに対策をしていても虫をゼロにすることは不可能ですが、今回の記事で少しでも虫の少ない環境を手に入れるお手伝いが出来れば幸いです。

紫外線(UV)とは

本題の電撃ラケットの改造の話をする前に照明の基本的な仕組みをざっと抑えておきましょう。

照明は古くは江戸~大正時代のオイルランプから始まり、エジソンが発明した電球、テスラが軍用に開発したものが一般家庭に浸透した蛍光灯・・・そして現代一般的に復旧しているものが半導体素子のLEDなどです。

虫は主に紫外線(UV)の電磁波に引き寄せられます。

蛍光灯や水銀灯は紫外線を発生させる照明の代表格で原因はその仕組みにあります。

スポンサーリンク

蛍光灯は主に、両端を赤熱させたフィラメントから熱電子を放出しますが、放出した電子が蛍光灯の中に入っている蒸気水銀に当たった時に発生する紫外線に引き寄せられます。

この時発生した紫外線は蛍光灯の内側の白い蛍光物質に当たって白い光が発生させられるのです。

蛍光物質を塗っていない蛍光管はそのまま紫外線を発生させるという訳ですが、本来の蛍光灯でも両端の未塗布部分などの隙間からや、光そのものにも紫外線が混じっているので虫が引き寄せられます。

蛍光灯はその光を発生させるという仕組み上から紫外線を使わなければなりませんが、PN接合半導体(シリコン・ヒ素やリンなど)のLEDに関してはそのような仕組みで光を発生させるわけではないので、蛍光灯とは光の発生原理がまるで異なり、寄ってくる虫も少ないという訳です。

ちなみに蛍光灯から漏れるUVは非常に強力で有害な電磁波が混じっています。

長時間蛍光灯を近くで見続けるとUVによって目の角膜をやられますのでご注意ください。(特に殺菌蛍光灯等は冗談抜きで失明します)

電撃ラケットをパワーアップ魔改造してリミッター解除した結果www

前置きが長くなりましたが、電撃ラケットを魔改造す