グーグル口コミを廃止セヨ!営業妨害で訴えられた!嫌がらせがひどい

グーグルの口コミを廃止? 電気電子・情報工学
果たして悪いレビューは廃止や削除できるのか

結論から言ってグーグルの口コミはユーザーにとって有益な情報源で有る為、個人の希望で廃止する事は不可能ですが、明らかにリアル店舗への営業妨害や名誉棄損などの犯罪とも取れる様な口コミは削除を依頼する事が出来ますし、状況によっては一人で抱え込まずに、警察や弁護士などの公的機関と連帯して事態の収束を測る事が重要です。

この記事では、グーグルの口コミの削除依頼の方法や、逆に営業妨害で訴えられた時の対処法や、嫌がらせがひどいリアル店舗の対応について解説しています。

スポンサーリンク

グーグル口コミを廃止セヨ!営業妨害で訴えられた!嫌がらせがひどいポイント

  • グーグルの口コミは個人の希望で廃止させる事は不可能だが、明らかに営業妨害と取れる内容は警察や弁護士などの公的機関に被害状況や求める解決のレベルを相談しよう。
  • グーグルの口コミは削除依頼をすることも出来る!嫌がらせのひどい口コミは、まずグーグルに削除依頼を出してみよう!
  • リアル店舗への嫌がらせや、犯罪につながるような口コミは絶対にNG!お互い熱くならずにまずは冷静に対応しよう。
PR:このページではプロモーションを表示しています

グーグルの口コミを廃止!書けないようにすることは出来るのか?

グーグルの口コミの機能や編集方法に関しては公式のヘルプをまじは参照して解決できないか試してみよう!

Google マップでクチコミと評価を追加、編集、削除する - Android - マップ ヘルプ
自分のクチコミを確認 Google マップでは、ユーザーが訪れた場所についてクチコミを投稿ã...
口コミを書けないようにする
悪い口コミ・評判を書けないようにするには?

結論から言うと、Googleの口コミを完全に廃止したり、書けないようにすることはできません

Googleの口コミ機能は、ユーザーにとって店舗やサービスの評判を知るための貴重な情報源であり、Googleにとっても検索結果の精度向上に役立つ重要な要素です。

そのため、Googleは口コミ機能を維持・改善していく方針を取っており、個々の事業者からの要望で廃止することは難しいと考えられます。

しかし、以下のような方法で、口コミの影響を抑えたり、不適切な口コミを削除したりすることは可能です

1. 口コミ機能を制限する

Googleマイビジネスでは、口コミ機能を制限する設定があります。具体的には、以下の設定が可能です。

  • 新しい口コミの投稿を停止する
  • 特定のユーザーからの口コミを非表示にする
  • 全ての口コミを非表示にする

これらの設定は、Googleマイビジネスの管理画面から変更できます。

2. 不適切な口コミを削除する

Googleは、以下のいずれかに該当する口コミを削除対象としています。

  • スパムやいたずら
  • 差別的な表現やヘイトスピーチ
  • 個人情報や機密情報の含まれている内容
  • 法律違反や違法行為を助長する内容

不適切な口コミを見つけた場合は、Googleマイビジネスの管理画面から削除依頼を送ることができます。

3. 良い口コミを増やす

良い口コミを増やすことができれば、悪い口コミの影響を薄めることができます。

そのためには、以下の施策が有効です。

  • お客様に満足度の高いサービスを提供する
  • お客様に口コミを書いてもらいよう依頼する
  • 良い口コミに対して丁寧に返信する

4. 口コミ対策サービスを利用する

口コミ対策サービスを利用することで、以下のようなサポートを受けることができます。

  • 不適切な口コミの削除依頼
  • 良い口コミの獲得
  • 口コミへの返信代行

口コミ対策サービスは、費用がかかりますが、自分で対策するのが難しい場合に有効な手段です。

グーグルの口コミが原因!営業妨害で訴えられたらどうする?

営業妨害
口コミを書いて営業妨害で訴えられたらどうする?

Googleの口コミが原因で営業妨害で訴えられた場合、以下の手順で対応することをおすすめします。

1. 弁護士に相談する

まず、弁護士に相談し、具体的な状況を説明することで、法的アドバイスを受けることが重要です。

弁護士は、口コミの内容が名誉毀損や営業妨害に該当するかどうかを判断し、適切な対応方法をアドバイスしてくれます。

2. 口コミの削除依頼をする

口コミの内容が名誉毀損や営業妨害に該当すると判断された場合は、Googleに口コミの削除依頼をすることができます。

削除依頼は、Googleマイビジネスの管理画面から行えます。

3. 証拠を集める

訴訟に発展する可能性がある場合は、証拠を集めておくことが重要で、具体的には以下の証拠を集めておくと良いでしょう。

  • 問題となる口コミ
  • 口コミによる営業妨害の被害状況
  • 口コミを書いた人の情報

4. 裁判所に訴訟を提起する

その他の方法で解決できない場合は、裁判所に訴訟を提起することができます。

訴訟では、口コミの内容が名誉毀損や営業妨害に