プラズマボール自作は危ない?事故が起きたり手で触ると健康被害が?

プラズマボールの自作は危ないのか? 電気電子・情報工学
プラズマボールは高電圧を発生させる回路なので、自作実験は事故が起きる可能性もあります

プラズマボールは高電圧の回路で、ガラス管内部には放電に必要なアルゴンガスなどが封入されていますので、自作では感電や事故が起きたり手で触ると危ない可能性があります。

プラズマボールは6kV/35KHzという高電圧高周波で動作しているので、心臓ペースメーカーや補聴器を使用している人が手で触ると、機器が故障して健康被害が出る可能性もあるので注意が必要です。

プラズマボールの寿命は長く、ガラス管さえ無事であれば、先に寿命を迎え故障するのは放電回路です。

スポンサーリンク

プラズマボール自作は危ない?事故が起きたり手で触ると健康被害が?ポイント

  • プラズマボールの放電電圧はおおよそ6kV前後で周波数も35KHz前後で乾電池から100Vで動作する物まであります。
  • プラズマボールは高電圧を扱う回路なので、心臓ペースメーカーを使用している場合は健康被害が出る可能性があるので、自作も手で触る事も危ない。
  • プラズマボールの楽しみ方は、手で触ったり蛍光灯を付けたりが一般的だが、他にもLEDを光らせたり、電源を取ったりと様々な実験が出来る。
PR:このページではプロモーションを表示しています

プラズマボールの自作は確かに危ない!事故が起きる可能性もある

プラズマボールは、真空中のガラスボール内に高電圧をかけて放電させるのが基本動作なので、回路が故障してショートすれば感電や火災の原因になる事もあります。

特に自作では、下記のような既製品を使用した自作では問題ありませんが、トランス周りの絶縁破壊による異常な放電などにより事故が起きる可能性もあります。

放電とは、思わぬ方向に放電する事があるので、それが原因で感電したり、他の電子機器に誤動作を与える原因になります。

プラズマボールの寿命が縮まるので、あまりやらない方が良い実験もあります。

プラズマボールをアルミ伯で覆って、放電をさせやすくした状態で、ティッシュペーパーやコピー用紙を置きます。

その上から先端の細い針やナイフでつつくとどうなるでしょうか?

原理はプラズマライターと同じで、何と紙に着火してしまいます!火のついたものをガラスの上にのせていると、プラズマボールが割れたり寿命を縮める原因になります。

プラズマボールは手で触ると危ないの?健康被害や寿命が縮む?

結論から言ってプラズマボールで寿命が縮む可能性は限りなく低いですが、手で触ると危ない可能性は十分にあります。

そもそもプラズマボールは高電圧で高周波なので、何の体調不良も病気も無い方なら問題ありませんが、心臓ペースメーカーを付けている体の弱い方には大問題です。

補聴器なども、プラズマの放電や高周波がノイズの原因で故障する可能性がありますので、身体になんらかの医療電子機器を取り付けている方が手で触る事のないよに十分に注意が必要です。
プラズマボールは誰でも触って遊べるおもちゃではありません!

プラズマボールはおもちゃな事には変わりないですし、電気や放電の仕組みを知るには最高の教材ではありますが、使用方法を間違えると事故につながる危険があるという事です。

プラズマボール自体の寿命はどのくらい?故障しやすいって本当?

プラズマボールの寿命はガラスボールが割れた時点で終了ですが、他にも以下の原因で故障する事もあります。

内部には高電圧を発生させるための回路が入っていますが、回路がショートして内部のMOSFETに高電圧が加わり故障する可能性があります。

MOSFETは他のトランジスターに比べて、静電気に弱い部品なので、ショートによって故障する可能性があります。

プラズマボールが故障してしまった時の原因調査・問題の切り分けとして、プラズマボールのガラス球体部分と放電回路が故障したパターンがあります。

プラズマボール本体のガス抜けやひび割れで故障していないのなら、プラズマライターや降圧モジュールを代わりに繋ぐとわずかばかり放電します。

放電すれば内部の真空状態は保たれているので、プラズマボール自体の故障ではなく、放電回路部分の故障だという事です。

プラズマボールの放電電圧は、6kV/35kHzの高電圧・高周波なので、これに近い電源を探して接続すれば再びプラズマが蘇ります。