Webp一括変換はboldright webpconvがおすすめ

川根本町ラボ | 実行画面 電気電子・情報工学
WebPconv実行画面

ワードプレスでブログをやっている場合、数多くの画像形式があり初心者時代はなんの画像形式を使えば良いのか迷ってしまう事があります。

結論から言いますと圧縮ツールを使いGoogleが推奨するWebpに画像変換すれば問題ありません。

迷ったら圧縮ツールboldright webpconvを使い、画像を全てWebp形式へ変換してしまいましょう。

今回の記事では筆者が普段使っているおすすめの画像変換ツールboldright webpconvについて使い方も含めて分かりやすく紹介します。

スポンサーリンク

Webp一括変換はboldright webpconvがおすすめな理由

  • Boldright WebPconvを使えば無料でグーグルが推奨する画像形式のWebPにJpg,PNG画像などの画像変換ができる。
  • 古いブラウザでは最新の画像形式は表示されない場合があるが、古いブラウザの利用者は気にしなくてOK!
  • 無料でWebPに画像変換できるウェブサイトもあるが、基本的に高負荷で時間がかかるので無料のBoldright WebPconvを使用して変換するのがおすすめ。
PR:このページではプロモーションを表示しています

iPhone等に保存されている画像形式はjpegですが、この画像をWebpに変換すると様々なメリットがあります。

画像をWebpに変換するメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  1. 表示速度の向上

Webpは、JPEGやPNGに比べて圧縮率が高いため、ファイルサイズを小さくすることができます。これにより、Webページの表示速度を向上させることができます。

Googleによると、WebpはJPEGと比較して25〜34%、PNGと比較して26%のファイルサイズを小さくすることができます。

  1. サーバーの負担軽減

画像ファイルのファイルサイズが小さくなることで、サーバーへの負担も軽減されます。これにより、サーバーコストの削減や、パフォーマンスの向上につながります。

  1. SEOの向上

Webpは、Googleの検索エンジンによって、JPEGやPNGよりも優先的に表示される傾向があります。そのため、Webpを導入することで、SEOの向上につながる可能性があります。

具体的には、Googleは、Webpをサポートしているブラウザで、Webp画像を優先的に読み込むようにしています。また、Googleのモバイル検索では、Webp画像の表示速度を優先的に評価しています。

なお、Webpには、以下のデメリットもあります。

  • 対応ブラウザが限定されている

Webpは、まだすべてのブラウザでサポートされているわけではありません。2024年1月現在、Webpに対応している主なブラウザは、以下のとおりです。

* Chrome
* Firefox
* Edge
* Opera
  • 画質の劣化が気になる場合がある

Webpは、JPEGやPNGに比べて、画質の劣化が気になる場合があります。特に、画像の色や質感にこだわる場合は、注意が必要です。

以上のメリットとデメリットを踏まえて、Webpの導入を検討するとよいでしょう。

画像の変種に関しては下記のようなソフトもあります。

Webpとはなんなのか。Googleが推奨する最先端の画像形式!

WebPは、Googleが開発した画像フォーマットです。JPEGやPNGなどの既存の画像フォーマットと比べて、圧縮率が高く、画像サイズを小さくすることができます。

2024年1月現在、WebPの利用者数は、まだ明確に分かっていません。しかし、Googleの調査によると、2023年の時点で、WebPをサポートするデバイスのシェアは、全世界で約50%に達しています。

また、Google Chromeの利用者数は、2024年1月時点で、全世界で約70%に達しています。Chromeは、WebPを標準でサポートしているため、Chromeを利用しているユーザーの多くが、WebP画像を閲覧していると考えられます。

このように、WebPの利用者数は、徐々に拡大しつつあります。今後、対応ブラウザがさらに拡大していくことで、WebPの利用者数はさらに増加していくと予想されます。

圧縮ツールでWebpに画像変換するにはどんなソフトがあるか。【無料ツール】

無料のWebp画像変換ツールとしては、以下のようなものがあります。

  • オンラインツール

Convertio iLoveIMG PicWish

これらのツールは、Webブラウザから簡単にアクセスして使用できます。画像をアップロードして、形式を選択するだけで、Webpに変換できます。

  • デスクトップツール

XnConvert GIMP ImageMagick

これらのツールは、パソコンにインストールして使用します。複数の画像をまとめて変換したり、変換後の画像の品質を調整したりできます。

  • おすすめのツール

これらのツールの中で、特におすすめなのは、以下の2つです。

  • Convertio

Convertioは、使いやすく、高品質な変換結果が得られるオンラインツールです。画像のサイズや画質を調整することもできます。

  • XnConvert

XnConvertは、多機能なデスクトップツールです。画像の形式変換だけでなく、画像のトリミングや回転、リサイズなどの編集もできます。

  • 使用用途に応じたツール選び

画像変換ツールを選ぶ際には、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 使いやすさ

ツールの操作が簡単で、直感的に操作できるかどうかをチェックしましょう。

  • 変換後の画質

変換後の画質が、元の画像と比べて劣化しないかどうかを確認しましょう。

  • 機能性

画像のサイズや画質を調整できるなどの機能が、必要かどうかを検討しましょう。

ご自身の使用用途に合わせて、適したツールを選んでください。お勧めは色々あるのですが、実際に筆者が使用している無料画像変換圧縮ツールをご紹介します。

圧縮ツールでウェブサイト用にjpeg画像をwebpに高圧縮

画像を圧縮するには以前も書いたようにウェブサイトを利用した圧縮・変換サイト等も存在はしますが正直あまりお勧めしません。数枚の画像を一時的に圧縮するだけなら良いですが、いちいちウェブサイトを開いて、枚数制限もあり・・・。サイトの通信が重くならないようにいzipで圧縮されたファイルをダウンロードして解凍しなければならない。

画像変換サイトで有名なサルカワさんなどがあります。一括変換できるのは良いのですが、変換枚数制限で50枚しか一度に変換できず、しかも50枚ぴったりで変換しようとするとバグなのか変換する事が出来ず、そのままの画像が出力されてしまいます。

ウェブ上での変換なので圧縮は仕方ないですが非常に作業工数が多く、実際に利用するには非効率的です。この辺はベクターなどでツールをダウンロードして使った方が効率的です。私が普段使用しているツールを紹介します。

Boldright WebPconv

Boldright WebPconvをベクターからダウンロードして使ってみましょう。ダウンロードして実行ファイルをクリックして、変換したい画像をドラックドロップするだけで変換した画像がデスクトップに入ります。

Boldright WebPconvめも

この圧縮ツールはなんと非インストール式ですので、ダウンロードしてzipファイルを解凍して実行ファイルをクリックするだけで使用する事が出来ます。

面倒なアンインストール作業などもない為、PC内部が汚れる心配もなく気に入らなければフォルダ事削除してしまえばおしまいです。