トイレの換気扇。丸型タイプのカバー外し方と掃除方法を徹底解説

トイレの丸型換気扇 電気電子・情報工学
トイレの丸型換気扇はVUパイプに爪ではまっているだけ

古い丸型タイプのトイレの換気扇のカバー(グリル)の外し方が分かれば掃除をして空気の流れをよくする事が出来ます。

トイレの換気扇は丸型タイプでも四角のタイプでも基本的には全て取り外す事が出来、やろうと思えばプロペラやシロッコファンまで分解して清掃する事が出来ます。換気口のフィルターはガラリにもついています。

今回は外のガラリから、内壁のダクトパイプに至るまで換気扇を自分で何個も施工経験のある筆者がトイレの換気扇の全てを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

古いトイレの換気扇。丸型タイプのカバーの外し方と掃除のポイント

  • カバー(別名:グリル)は古いタイプのトイレ換気扇でも必ず外れるような仕組みになっている。
  • トイレの換気扇は分解しようと思えばシロッコファンやプロペラも分解できる!
  • 四角タイプの換気扇でも本体は丸型でダクトにつながっている事が多い。
  • 掃除に使う洗剤は中性洗剤で付け置きすればOK。頑固なトイレ汚れには酸性洗剤がおすすめ。
PR:このページではプロモーションを表示しています

トイレの換気扇。丸型タイプ本体とカバーの外し方と掃除方法

トイレの換気扇で丸型タイプの換気扇は簡単に外せます。先ずはタイプ別にその理由をご説明します。

トイレの換気扇についているカバーは別名グリルとも呼ばれます。このカバー(グリル)を外して掃除出来れば、本体は無理でもプロペラなどは外して掃除できる可能性があります。

トイレの丸型換気扇カバー(グリル)
換気扇のカバーはただ溝に合せてはまっているだけ

カバー(グリル)は画像で見てもらうとお分かりの通り、基本的にネジなどで固定されている事はありません。このカバーは外して掃除する必要がある為、どのメーカーも簡易な固定方法を採用しています。

トイレの換気扇本体は建材内側に通してある排水用のVUパイプ(うちの自宅はVU100)に差し込んであるだけなのです。

ガラリと換気扇にはまっているパイプ
サイズは大抵VU100でガラリと換気扇が接続されている

VUパイプとは主に排水用に使われる塩ビパイプの事だが実は気体の排気用にも使われる。

外のガラリという金属製の換気口も同様です。基本的にはパイプにはまっているだけです。(但し、外の換気口については雨仕舞の為、シリコンコーキングされている事が殆どです。シリコンコーキングについて剥がせるのであれば剥がしてしまっても問題ありません。後で簡単に施工できます。)

外の換気口はガラリという名称
ガラリもコーキングがされていなければそのまま外せる

これが外に接続されているガラリです。基本的にVUパイプにはまっているだけですが、画像の様に白い部分はコーキング剤です。もし、掃除の為にはがした場合はきちんとコーキング処理をして雨仕舞をしないと雨漏りの原因になります。

トイレの換気扇のプロペラを外して掃除する。格子付きタイプでも簡単に外せる!

新東芝(画像左)と旧タイプの丸型換気扇の東芝(画像右)