半田ごてのおすすめは?ダイソーでOK!使い方や仕組みも解説

川根本町ラボ | 半田コテ 電気電子・情報工学
川根本町で電子工作をする場合に必要な部品や機材等は?

電子工作の要、半田ごて(はんだごて)のおすすめの商品は?プロ用の高価なものからダイソーで販売している安価なものまで半田ごてには様々な商品が存在します。今回の記事では工場で半田付けの資格を取り、半田付け歴30年以上の筆者が使い方や仕組み温度管理の方法も含めて紹介します。

スポンサーリンク

半田ごてのおすすめは?ダイソーでOK!使い方や仕組みとポイント

  • 電子工作入門なら半田ごて(はんだごて)はダイソーの商品でも十分つかえる。(使えないなんてことはないが長持ちはしないと感じます)
  • 半田ごて売り場は大抵のホームセンターにもあるので、ダイソーや100均のものと比較してみると良い。
  • 半田ごての代用でグルーガンはお勧めしない。なぜなら温度が低すぎるから上手くハンダが溶けないし、最悪ボンドの出口が詰まる!
  • 半田ごての使い方はどれも基本的に一緒でコンセントを差し込めば勝手に温度が上がる。
PR:このページではプロモーションを表示しています

電子工作にかかせない道具の一つ、半田コテについて解説します。

皆さんも中学校・小学校の授業で一度は半田付けをしたことがあるかもしれません。
トランジスタ・抵抗・コンデンサ・コイル等の部品を基板に取り付ける時に使う道具です。半田を熱で溶かして銅板にくっつけます。

まずは半田コテについて解説します。
半田コテにも種類がいくつかありますが、電子回路を組み立てるのであれば40W-60W位のものがおススメです。

温度調整機能のついてない半田コテでも問題ありませんが、ダイヤル調整機能がついていて温度が可変できるものがおススメです。自分が何十年とやってきた経験からすると、半田コテは電子部品でも60W位の高温でさっと溶かして直ぐに取り付けを終えるのが最も良い気がします。

あまり温度に神経質になりすぎて、低温すぎるとコテを入れる時間が長く逆に部品を傷める原因となるからです。

半田を水の様に溶かし、富士山の様に部品同士を接合するのが最も良いとされています。

部品のリード上に水玉のように乗った半田をイモ半田といい、接合が不十分な証拠です。このようなハンダ吸い取り線やハンダ吸い取り器を用いて吸い取ります。電子部品の記事でも少し触れましたが、ハンダ吸い取り線は半田コテを購入すると付属している事が多いですが、正直あまりお勧めはしません。
非常に狭く隣接している電子部品同士の半田付けですので、ハンダ吸い取り線でハンダを取ろうとしても、うまく隙間に入らないことが殆どです。それに、ハンダ吸い取り線は銅のより線ですが、これでハンダを取ろうとするとハンダ吸い取り線も良く温めなければハンダが絡んでくれません。
この良く温めないと絡まないというのも曲者で、ハンダ吸い取り線は長いまま使うと線が放熱の役目をしてしまい、いつまでたってもハンダがしみ込まないという事が起きます。
オマケに不要なまでに加熱した部分は、他のデリケートな電子部品に影響しかねません。

ですので、特別な理由がない限りはハンダ吸い取り線は使わずハンダ吸い取り器を購入して使うようにしましょう。ハンダ吸い取り器もそんなに高価なものではない1000円位で購入できるので用意しましょう。

概要を理解した所でまずは半田ごてのおさらいからです。半田ごては、電子工作や修理作業などで不可欠なツールであり、初心者でも安全かつ効果的に使えるようになるためにはいくつかの基本的なポイントを押さえておく必要があります。以下に、初心者向けの半田ごての使い方を詳しく説明します。

はんだ付けの手順

より具体的な手順に関しては下記で解説していますのでご覧ください。

半田付けには作業手順があります。半田付けの資格もあるくらいなので興味のある方は調べてみると良いでしょう。(どんな資格か忘れましたが、私は会社で取りました。筆記試験と実技試験があります)

ハンダ付けをする前に電子部品の下処理を行うとハンダが上手く乗りやすいです。部品と銅板を荒めのサンドペーパーで擦りましょう。取り外して古くなった部品などは大抵油汚れや酸化でリード部分が汚れているのでハンダが上手く乗りません。(下処理が不十分なリードや銅板は、ハンダののりが悪くハンダを弾いてしまい、いくら加熱してもハンダが流れていきません)

  • 半田コテの電源を入れて最高温度までコテ先が過熱されるまで十分に時間を置く。(加熱されていればハンダが溶けます)
  • 試験でコテ先に当てた溶けたハンダを水を含んだスポンジでクリーニングします。
  • 電子部品を基板にセットしたら、半田コテを数秒当てて部品を加熱します。
  • 半田コテ先と電子部品の端子の間にハンダを当てて流し込みます。(この時、水の様に流れていきますので、富士山のようになったら即ハンダを離します)
  • 十分に半田が端子や基盤の銅板にいきわたったことを確認したら半田コテを最後に離します。

最後に出来上がった半田付けの状態を確認します。きちんと接合できていれば富士山のような形をしています。たまのようになった半田付けはイモハンダと呼ばれ部品同士が接合されていません。
イモハンダになる原因の多くがハンダコテの当て方よりも、経験上下処理にあると思います。

上記にも書いた通り、半田付けをする前には電子部品のリード部分をサンドペーパーでしっかり擦って綺麗な酸化していない金属部分を露出させましょう。取り付ける基盤も同様です。
いくら半田コテやハンダの操作が上手くても、この下処理を行っていないといくら熱を当ててもハンダはリードや銅板には流れていきません。

富士山のようになり見た目くっついているように見えても、リード線をゆすると銅板の部分の下処理が外れてしまったなんて事もあります。中途半端な接続は高電圧回路においてはスパークの原因になりますし、無駄な電気抵抗を発生させて時には過熱して火災の原因にもなりません。

半田付け後、しっかりと確認して部品同士が接合されているかチェックしましょう。うまくハンダが流れていれば富士山のような外見と同時に、銀色に輝くつやつやした表面です。(ハンダの種類にもよりますが)

電子工作に使用するハンダはモノによっては鉛を含んでいる事があります。鉛はうかつに処分すると中毒の原因になる事がありますので、慎重に取り扱い金属の日にゴミに出しましょう。

半田付けや半田ごて取り扱いの注意事項

  • 火気にはくれぐれも注意しましょう。作業中は燃えやすいものを近くに置かないようにし、注意深く作業しましょう。
  • 作業後は電源を切り、半田ごてを安全な場所に置いて冷ますようにしましょう。

初めて半田ごてを使う際は、簡単な実験から始め、慣れてきたら少しずつ複雑な作業に挑戦してみてください。ダイソーなどで手に入る手頃な半田ごては、初心者にとって手軽で使いやすい道具です。

半田ごてや周辺工具も紹介!これだけあれば電子工作では十分!

最初はダイソーや100均で十分だった工具類も工作の上や知識が上達すると増えてきます。私が持っている半田付けに必要な工具類を紹介します。

半田ごて用工具箱(工具をひとまとめにするのに必須)