18650電池と単三電池の違いと代用方法。どこで売ってるかも解説

18650と26650リチウムイオンバッテリー 電気電子・情報工学
リチウムイオンバッテリーも様々な種類があるが、家庭向けに普及しているのは18650

18650と単三電池の基本的な違いは内部にリチウム金属を使用している事と、単三電池にはない保護回路が18650には内蔵されている点が大きく異なります。

変換アダプターを使用すれば単四電池3本から18650にしたり、18650から26650へサイズアップする事も可能です。(但し、この場合容量Ahが変わる為使える時間は短くなる)

18650は特殊な電池の為、家電量販店やドンキホーテ等で購入する事は出来ませんが、携帯のポータブルバッテリーを分解する事で電池を得られる場合があります。

スポンサーリンク

18650電池と単三電池の違いと代用方法。どこで売ってるかも解説ポイント

  • 18650と単三電池の決定的違いはリチウム金属を使用しているかどうかが大きな違いで、18650にはリチウムを保護するために過剰な過充電・過放電を防止する回路が内蔵されている。
  • ダイソーやドンキホーテは勿論、家電量販店でも電池単体の販売はしていない。18650電池を購入するなら電子パーツ販売店や秋葉原、もしくはアマゾンや楽天などのネット通販を利用するのが一般的。
  • 変換アダプターを使えば単四電池(3本)から18650へ。18650から26650へサイズアップできる。
PR:このページではプロモーションを表示しています

18650電池と単三電池の違いは?使われている材料や化学反応が異なる

18650電池と単三電池の違いはリチウムイオン電池である18650にはリチウム金属が使用されているが、単三電池には様々な種類がある。

単三電池は種類によって使われている金属材料や化学反応なども異なる。(ニッカド電池・炭素電池・」アルカリ電池が代表的)

電池の電圧も異なります。

18650のリチウムイオンバッテリーは一本で電圧が3.7Vもありますが、単三電池等の一般的に復旧している乾電池は1本で1.5Vの電圧しか取り出す事が出来ません。

これがニッカド電池などの単三タイプの充電電池になると更に電圧が低く1.2Vです。

他にも18650と単三電池では大きさも異なりますので、18650を単三電池の代わりとして使う事は出来ません。(但し、単三電池を18650の代わりとする変換アダプターは販売しています)

違いはまだまだあります。

18650は内部にイオン化傾向の強い金属であるリチウムを使用しています。

このリチウム金属は湿気や水がかかると発火する繊細なものなので、内部には保護回路が設けられている商品が多いです。(過充電・過放電を防止する為)

18650と26650の懐中電灯
26650だと持ち時間もだいぶ違う

18650と26650の家庭用の主な普及用途としてはモバイルのバッテリーと懐中電灯が一般的です。

その中でも18650はインパクトドライバーのバッテリーなど様々な製品に使用されています。

18650リチウムイオンバッテリー充電電池にマキタの充電池が使用されていますので、気になる方はどのような形のバッテリーかこちらの記事でも外観を確認できます。(分解写真はなし)

インパクトドライバーと振動ドライバー

18650電池はどこで売ってる?ダイソーで単体入手は不可!

結論から言ってダイソーで単体のリチウムイオンバッテリーである18650を購入する事は出来ません。(売っていないので仕方ない)

但し、300円を握りしめモバイルバッテリーを購入すれば内部に18650のリチウムイオンバッテリーが入っています。

たった一本だけですが、実験の用途には十分かと思います。

但し、分解したリチウムイオンバッテリー18650には注意点があります!それは、殆ど電池単体で保護回路が内蔵されていないケースが多いことです。

18650の保護回路とはこのブログの他記事でも何度も説明していますが、大切な事なのでもう一度書くと、過放電と過充電を防止してくれる回路です。

これが電池単体は勿論、充電器にも内蔵されていない場合はえらいことです。

故障するのは勿論、発火する可能性もあるので注意が必要です。

300円のモバイルバッテリーにはおそらく18650電池単体では保護回路は内蔵されておらず、外部にあるとみています。

ですので、下記のような専用の充電器が無い場合はモジュールを取っておいて充電する必要があります。