高電圧発生装置自作!電子びっくり箱の原理と回路図を解説

トランス1次側 電気電子・情報工学
トランス1次側:6.3V 0.18A

びっくり箱は通常バネなどで作る飛び出すおもちゃですが、これを電子化して触るとちょっとびっくりする程度にビリッと来る電子びっくり箱を作ってみましょう。

この電子びっくり箱は、高電圧発生装置原理の基礎で、使用部品はたったの2個だけ!トランス+乾電池だけで制作できるおもちゃで、電子工作入門に最適です。

私の紹介する電子びっくり箱は、小学生や中学生が学校の授業で電気について勉強し始めた時の教材としても最適で、子供と一緒に楽しめる電子工作です。

今回は、この電子びっくり箱の動作原理と回路図や作り方についてお話しします。

この電子びっくり箱は触ると多少ビリッとする程度で、人体に影響を及ぼす程の高電圧は発生しませんが、びっくりして手を離した拍子に他の所にぶつけたりする可能性もありますので、十分注意して実験してください。
また、人体への影響は無いとは言え、高電圧を発生させる装置ですので、体や心臓の弱い方・装置について理解できない動物に使用しない様お願いいたします。

スポンサーリンク

高電圧発生装置自作!電子びっくり箱の原理と回路図を解説ポイント

  • トランスが感電する程の高電圧を生み出す原理は誘導起電力が元。100回巻:1000回巻のコイルがあって100回巻のコイルに100Vの電圧をかけると1000Vが発生する。
  • トランス+乾電池だけで発生する電子びっくり箱の電圧はONからOFFに切り替えた時の一瞬だけ!持続的にこの電圧を発生させるには別途発振回路が必要。
  • アマゾンで購入できる高電圧発生装置がヤバい!乾電池を繋ぐだけで1万ボルト以上の高電圧を手軽に発生できる。高電圧の実験に最適。
PR:このページではプロモーションを表示しています

高電圧発生装置を自作するための回路図や原理を解説!電子びっくり箱

では、早速高電圧発生装置を自作するための回路図や原理についてお話しします。

電子びっくり箱の制作に必要な部品を解説!

電源トランス HT-601

これが無くては始まりません!大き目の要らないACアダプターを分解しても出てきます。

商品名はHT-601という電源トランスで、一次側が6.3Vで二次側が100Vのトランスです。

下の回路図と原理ではトランスを使うと電圧が昇圧しかできないようなイメージですが、そうではありません。

トランスはこの表記の通り、6.3Vの電圧をかければ100Vが出力されますし、逆に100Vを入力すれば6.3Vの電圧が出力されます。

トランス:2次側
トランス:100Vの出力が見える
トランス1次側
トランス1次側:6.3V 0.18A

電源トランスは下記のようなものです、この画像のトランスは私が中学生位の時に購入したものですが、当時の値段は600円前後でした。

HT-601 / 電子部品通販小売卸 有限会社福永電業

押しボタンスイッチ:モーメンタリー型

押しボタンスイッチには押した時だけONして離すとOFFになる、ゲームセンターによくある大き目の押しやすい押しボタンスイッチを採用しました。

確かアキバでセール品を購入した気がします。

押しボタンスイッチ
これは大きめのゲームセンター用の押しボタンスイッチを使用

押しボタンスイッチは、何でも構いませんが、画像のようにかなり大型になると穴を開けるのも大変ですし、端子もついてないので、予め端子がついていて下記のような小型の押しボタンスイッチが安価でおすすめです。