丸型蛍光灯をLEDに交換する時の注意点!グローとインバーターは?

丸型蛍光灯をledに交換するときの注意点 電気電子・情報工学
丸型蛍光灯をLEDに交換するときの注意点は、点灯方式の種類に注意!

丸型蛍光灯をLEDに交換する時の注意点は、点灯方式の違いによって使用できるLED蛍光灯が異なるので、点灯方式がインバーターか安定器方式かを見分ける必要があります。

見分け方のポイントは、安定器タイプの点灯方式の場合、蛍光灯にはグロー管(グロースターター)がついていますが、インバータータイプは、多くの電子部品がとりつけられた基盤がついており、安定方式よりも重量が軽いです。

両方ともそのままで、LED蛍光灯に交換可能ですが、バイパス工事した場合よりも、消費電力が高くなってしまう点にも注意が必要です。

使用できるタイプのLED蛍光灯ではないものを取り付けると、発火等の事故につながるので注意が必要です。

スポンサーリンク

丸型蛍光灯をLEDに交換する時の注意点!グローとインバーターは?ポイント

  • 丸型蛍光灯をLEDに交換時の注意点は、それぞれの方式に合せたLED蛍光灯を取り付ける事。
  • 丸型蛍光灯をLED交換する時の安定器は、つけたままでも構わないが、通常よりも消費電力があがる。グロー管は取り外してダミーのグロー管をつけよう。
  • インバーター方式も同様で、インバーターはついたままでも構わないが、出来るだけバイパス工事する事が望ましい。
PR:このページではプロモーションを表示しています

丸型蛍光灯をLED交換!安定器はそのままでいいの?OKだけど…

丸型蛍光灯をLED交換するのに、安定器はそのままで構いませんが、グロー管は取り外して、付属のダミーがついているなら、必ず取り付けておきましょう。

回路的には解放状態で問題ありませんが、ダミーは感電や異物混入防止等、安全カバーの役割を果たします。

丸型蛍光灯をLED交換するのに、安定器はそのままで構わないと書きましたが、回路的には問題なくても、電力を無駄に消費するので、バイパス工事して安定器を回路上から取り外したものよりは、消費電力が多少上がってしまいます。

消費電力が上がるという事は、数円レベルですが電気代にダイレクトに響く結果となりますので、古い照明器具は完全に交換するか、古い丸型蛍光灯をそのまま使用したい場合は、面倒でもバイパス工事をおすすめします。

通常、家庭には沢山の照明器具が取り付けられているので、一個だけなら数円レベルで済む話でも、家庭や事務所全てのLEDをこの方法で交換すると、意外とコストが馬鹿になりません。

導入コストは安いですが、そういった側面も考えて交換しないと、長期的にみると損をする結果になります。

また、下記でも解説していますが、インバーター回路や安定器が故障した場合は、どのみちバイパス改造工事や、本体の交換が必要になります。

丸型蛍光灯をLEDに交換!安定器以外のインバーターはどうする?

他の見出しでも書きましたが、丸型蛍光灯をLEDに交換改造出来ない人の為に、一応インバーター方式で利用できるLED蛍光灯が販売されているので、それを購入して取り付ければ、丸型蛍光灯をLEDに交換改造や取り外しなしで、ついて居る照明器具をそのままLED化する事は可能です。

インバーター内蔵の丸型蛍光灯
こういうタイプの丸型蛍光灯で電球タイプもあり、内部にインバーターが内蔵されている事も