キレイキレイはビオレとどっちが殺菌効果なしで買ってはいけない?

キレイキレイとビオレどっちが好み? 田舎暮らしを楽しむ
キレイキレイ・ビオレのどっちを選んでも高い殺菌効果を期待できる

キレイキレイとビオレの両製品は、販売戦略や成分がほぼ同じな為、どっちを選んでも大差ないと言えます。

殺菌効果なしというのは完全に間違いで、両製品共に過剰な程の殺菌能力を有しています。

買ってはいけないと言われている理由の一つに、成分に含まれる水酸化カリウムやモノエタノールアミンがあり、手から皮脂を過剰に奪い去り、手に必要な常在細菌まで全て殺菌し、pHのバランスを崩すので、子供やアレルギーのある方には刺激が強すぎるのではないかと感じます。

洗浄・殺菌共に優秀な製品なのは間違いないので、買ってはいけないと敬遠するのではなく、使用シーンに合わせる事で最大限の能力を発揮します。

スポンサーリンク

キレイキレイはビオレとどっちが殺菌効果なしで買ってはいけない?ポイント

  • キレイキレイもビオレも、洗浄殺菌能力が強すぎて、買ってはいけないというのはあながち間違えではないが、使用シーンによる。
  • 殺菌能力がないどころか、過剰なまでの成分が添加されている。
  • キレイキレイとビオレどっちを選ぶかは、どちらでも良いと思う。(販売戦略や成分にあまり大差がない)
PR:このページではプロモーションを表示しています

キレイキレイは買ってはいけない?殺菌効果なしってホント?

モノエタノールアミンと水酸化カリウムは非常に危険性の高い物質で、これがキレイキレイが買ってはいけないと言われている原因の一つです。

キレイキレイは買ってはいけない?
人体にはあまりにも刺激が強い、水酸化カリウムとモノエタノールアミンが含まれている

キレイキレイやビオレの泡ハンドソープは危険だから買ってはいけないという噂を耳にすることがありますが、本当に買ってはいけない成分が入っているのでしょうか?

殺菌効果も含めて、成分から買ってはいけないという噂の真相を調べてみました。

キレイキレイの成分を公式サイトで確認すると、下記の成分が含まれています。

イソプロピルメチルフェノール、PG、ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液、ラウリン酸、モノエタノールアミン、水酸化K、ミリスチン酸、パルミチン酸、リン酸1K、香料、ポリオキシエチレントリデシルエーテル、EDTA、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体、赤106

かなり多くの成分が含まれていますね!特に、殺菌剤である、イソプロピルメチルフェノールがボトルのポンプ部分に含まれています。

ボトルのポンプに含まれるプラスの電子が、水分によって誘導され、マイナスの電子を持ったばい菌と結合する事で、活動を抑える仕組みのようです。

殺菌方法としてはよくある仕組みだと思います。

キレイキレイ薬用泡ハンドソープ|ハンドケア | ライオン株式会社
・殺菌成分が手にとどまる、殺菌ベール処方・殺菌+消毒・ウイルス・細菌を除去!※「殺菌成分(IPMP※1)」配合で、きちんと殺菌しバイ菌から手肌を守るキレイキレイ薬用泡ハンドソープ。バイ菌を増やさない抗菌ボトル&ポンプヘッド※2採用!※ エン...