アースジェット人体への影響!部屋にまくのは危険?カメムシは死ぬ?

アースジェットの人体への影響は? 田舎暮らしを楽しむ
人体への影響は比較的安全性が高いと言われているがいくつか注意が必要な部分あり!

アースジェットは害虫には神経毒として作用しますが、人体への影響は少なく、天然成分も一部使用されているので比較的安全な殺虫剤ですが、部屋にまくのは注意が必要ですので、その理由について解説します。

アースジェットには、揮発性の高い薬剤と低い薬剤が混合されているので、部屋にまくと即効性とまちぶせ効果が期待でき、後から来たカメムシについても効果が期待できます。

猫や布団にかかった場合は注意が必要で、ペットの健康被害や、布団にかかった場合は色落ちや変色の可能性があるので注意が必要です。

アースジェットの人体への影響や、部屋にまくとカメムシや不快害虫に効果があるのかを解説します。

スポンサーリンク

アースジェット人体への影響!部屋にまくのは危険?カメムシは死ぬ?ポイント

  • アースジェットの人体への影響は虫よけに含まれるディートよりも比較的安全性が高いとされている。
  • アースジェットを部屋にまくと、即効性と遅延性の薬剤の混合でまちぶせ効果が期待できる。
  • アースジェットはカメムシ以外にも、ゴキブリを初め不快害虫150種類に効果的とされる。
PR:このページではプロモーションを表示しています

アースジェット人体への影響は?部屋にまくことで健康被害は?

アースジェットが人体へ及ぼす影響は最小限で、部屋に撒いても人に重篤な副作用が起こる成分は使用されていませんが、ペットや子供、家具などには注意が必要な場合があります。

アースジェットとカメムシへの効果
カメムシへの効果も期待できるがナント!150種類の虫に効果的

アースジェットには様々なタイプや製品がありますが、今回は私が愛用している様々な害虫に効果がある、『150種の害虫まるごと退治!虫コロリアーススーパージェット』:以下、アースジェットに統一の成分や効果を元に解説します。

アースジェットはその多くが不快害虫に対し、専門性と選択性が高い薬剤ですが、ゴキブリ用、ハエ・蚊用、蜂・アブ用など全ての種類を持っていると、コストもかかりますし、いざというときに無くて困る事があります。

自宅で使用する時は出来るだけコストや数量を抑え、一本の薬剤で多くの害虫を駆除したいものですが、そんな時に便利なのが、先ほど紹介したアースジェットの『150種の害虫まるごと退治!虫コロリアーススーパージェット』です。

アースジェットを部屋にまくと人体への影響や、その他どのような影響があるのかを調べてみました。

アースジェットの人体への影響を知る為に、記載されている有効成分を見てみると、『d-T80-フタルスリン』『ピレトリン』『ビフェントリン』の3種類の有効成分が含まれている事がわかります。

他にも、薬剤を散布する為に、第三石油危険等級Ⅲのケロシンが含まれている事が分ります。

d-T80-フタルスリン、ピレトリン、ビフェントリンは、いずれもゴキブリやカメムシなどの害虫駆除に使用される代表的な殺虫剤成分ですが、それぞれ異なる特徴を持っています。

作用メカニズムは、d-T80-フタルスリンは不快害虫にとって神経毒で、ゴキブリをカメムシを初め神経系に作用し、麻痺させて死に至らしめます。

ピレトリンも神経毒の一種で、ゴキブリの神経系に作用し、興奮させて死に至らしめます。

ビフェントリンの殺虫効果は、ナトリウムチャネル阻害作用で、ゴキブリやカメムシの神経細胞の膜にあるナトリウムチャネルを阻害し、神経伝達を遮断して死に至らしめます。

期待される効果として

d-T80-フタルスリンは速効性と持続性に優れており、ゴキブリやカメムシを素早く駆除し、効果が長持ちします。

ピレトリンは速効性に優れていますが、持続性は短いのが特徴の神経毒で、素早くゴキブリやカメムシを駆除したい場合に適しています。