ステンレス包丁の寿命と刃こぼれして研いでも切れない包丁の研ぎ方!

ステンレス両刃包丁 田舎暮らしを楽しむ
切れなくなってボロボロになった一般的な万能ステンレス包丁

ステンレス包丁が刃こぼれしたり研いでも切れない包丁はどうやって寿命を延ばすのか?何年でどこまで使えるのかってステンレス包丁は高いですし、買い替え時期が結構気になりますよね。

ステンレス包丁の寿命を延ばし長く使うには、研ぐ頻度を多めにし毎回使った後に砥げば確実に腕も上がりますし、切れ味の寿命も延びます。

今回の記事では実際に画像と動画と文章で刃こぼれしたステンレス包丁の寿命の伸ばし方や研ぎ方について解説します。

スポンサーリンク

ステンレス包丁の寿命と刃こぼれして研いでも切れない包丁の研ぎ方!ポイント

  • ステンレス包丁の寿命を延ばすには、錆防止に酸のついた食材を切った時は直ぐに洗う事や、研ぐ頻度を上げて毎回メンテナンスする事が重要。
  • 家庭で簡単にトマトのスライスが出来るステンレス包丁に仕上げるには、荒砥石・中砥石・仕上げの三つと、段ボールとつるつるの雑誌があれば十分可能!
  • 家庭で使用されている殆どの包丁はステンレス包丁で、洋包丁と呼ばれるもの。地金の中に鋼を挟む構造になっている事が一般的。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ステンレス包丁の寿命が縮む理由は?切った後のメンテナンスが重要

ステンレス包丁は鋼の包丁に比べて長寿命と言われており、大切に使えば安物でも数十年は持つと思われます。

但し、メンテナンスを怠ると鋼であれステンレス包丁であれ寿命が大幅に縮みますし、メンテナンスの方法が悪くても寿命を縮める原因となります。

包丁全般に言える事ですが、包丁は基本的に鉄やステンレスなどで出来ていますので、錆には弱いです。

ですので、酸の強い食材を切った後は直ぐに洗って乾かさないと、直ぐに錆びてしまいます。

表面所はなんともなさそうでも、鋭い刃先の部分や切刃の部分は確実に劣化しているでしょう。

また、持ち手が木製の和包丁などは乾かさないと木も腐ります。

研いでも切れないステンレス包丁の例を動画と文章で解説!

荒砥石・中砥石・仕上げ砥石・段ボール・段ボール+研磨剤で磨く前の刃こぼれした我が家の3000円の包丁の切れ味です。

新聞紙を切ろうとしても、刃が全然食い込みません!押しても引いても全く切れませんが、この後上記の各工程を経て安物ステンレス包丁が剃刀級の切れ味に蘇ります。

下記の動画は研いでも切れないステンレス包丁に刃がついて居るか確認する方法です!

研いでも切れないステンレス包丁を、刃がついて居るか確認するには、爪に包丁を当てるという方法もあるようですが、危険ですし爪も痛むので良くありません。

そこでおすすめなのが、スポンジを使用する方法です。(乾いたスポンジを用意してください)

画像の様に乾いたスポンジにステンレス包丁を軽く滑らせると微かにパリパリ・チリチリと所々聞こえる部分があると思います。

この音のする部分はバリがわずかに残っており、ステンレス包丁が完全に研げていない証拠ですので、この音がなくなるまでしっかりと研ぎましょう!

ステンレス包丁を研ぐときに必要な道具や材料を紹介