洗濯ビーズのデメリット!組合せや入れるタイミングと洗濯槽の汚れ

洗濯ビーズのデメリットは? 田舎暮らしを楽しむ
本来は人体に無害な成分だが、デメリットは形を変えると悪影響を及ぼす可能性がある

洗濯ビーズのデメリットは、吸水性ポリマーに使用されるアクリル系樹脂が、マイクロプラスチックとして体に影響を及ぼす可能性がある他、匂いがペットの体調に良くない場合があります。

洗濯ビーズを入れるタイミングにおいては、洗剤と一緒に指定量投入して洗濯すれば、特に問題ありません。

アロマジェルと柔軟剤の人気の組合せは、公式サイトが一番分かりやすいという身も蓋も無い話ですが、公式サイトに書かれている香りの組合せから、自分で好きな香りを調合すると最も確実です。

洗濯ビーズは洗濯槽の汚れを落とすものではありませんので、洗濯槽の汚れを取る事が出来ませんし、一部溶け残りが乾燥機の熱で固まり、排水異常を起こす可能性もゼロではありません。

基本的に、洗濯ビーズの成分は人体に無害な成分で作られていると書かれており、全ての成分の内訳を知る事が出来ませんでしたが、種類によっては人体に悪影響がある可能性も大きいです。

スポンサーリンク

洗濯ビーズのデメリット!組合せや入れるタイミングと洗濯槽の汚れポイント

  • 洗濯ビーズのデメリットは、含まれる成分が人やペットの健康に悪影響を及ぼす可能性がゼロとは言い切れない事。
  • 洗濯ビーズを入れるタイミングは、基本的に洗剤と一緒に最初に投入する。(洗剤や柔軟剤の投入口に入れない事)
  • 洗濯ビーズの組合せランキングでアロマジェルと柔軟剤の組合せは、公式サイトを参考に自分で試していくしかない。(好きな香りや強さは個人的主観による)
PR:このページではプロモーションを表示しています

洗濯ビーズのデメリットは?コスパ悪いし体に悪いってホント?

洗濯ビーズのデメリットは、成分によっては人やペットに悪影響を与える可能性があります。

香りづけ洗濯ビーズの成分を見ると、主に安定化剤と香料で構成されていますが、安定化剤には様々な成分が入っており、その様々な成分が一括りに安定化剤としてまとめて記述されています。

洗濯ビーズはコストが高い?
値段は基本1000円以上と決して安いものではない

安定化剤の主な成分は、エチルアルコール・ビタミンE・クエン酸・プロピレングリコール(PG)・塩化カルシウム・水添ヒマシ油で構成されている事が多く、中には私たちがサプリメントとして摂取しているビタミンEや、クエン酸、ヒマシ油等人体に無害な成分の他、最近ではベープ(電子タバコ)の液体にも含まれているプロピレングリコール(PG)が含まれています。

電子タバコのPGは煙を出す目的で使用されていますが、眼科領域ではコンタクトレンズの洗浄液として使われることもあります。

触ったことのある方なら分かりますが、とてもヌルヌルして油のような成分ですが、人体には無害です。

洗濯ビーズに含まれる安定化剤は、主に消臭成分や香り成分を効果的に保持し、品質を安定させる役割を担っています。

さて、これらの成分は基本的に無害ではありますが、エチルアルコールは飲用として使用されるアルコールと、そうでないアルコールに分ける事が出来ます。

私たちが普段酒類として飲んでいるアルコールには、メタノールは含まれていませんが、洗濯用ビーズにはメタノールが含まれている可能性もゼロではないので、注意する必要があります。

メタノールは主に工業用のアルコールで、別名メチルアルコールと呼ばれることもありますが、これが人体には非常に有毒です。

メタノールは体内で代謝されると、ギ酸という毒性物質に変化し、ギ酸は視神経や中枢神経に深刻な障害を引き起こし、視力障害や意識障害などの症状を引き起こします。

メチル化された化合物は、肝臓でも分解されにくく、肝臓に負荷をかけて肝機能障害を起こす可能性も否定できません。

無害なポリプロピレングリコールPGも、3