消臭ビーズは効果ない?容器の代用や復活と液体になった場合の捨て方

消臭ビーズは効果なしってホント? 田舎暮らしを楽しむ
ポリフェノール化合物がしっかり匂いの元から分解します。

消臭ビーズが効果ない?なんとなくゆるふわの見た目から、本当に消臭効果あるの?と、思ってしまいますが、消臭ビーズの仕組みを知ると、実に効果的な消臭剤であることが分かります。

消臭ビーズの主成分はポリフェノール化合物で、匂いの元を酸化還元して分解してしまいます。

タイトルに液体になった場合の捨て方と書きましたが、通常消臭ビーズの吸水性ポリマーは液体になる事はありませんので、水分が多く沈殿して見た目的に液体になったように見えるだけです。

捨て方に関しては、プラスチックと同じなので、燃えるごみの日に捨てればOKです。

消臭ビーズの復活の仕方は、しぼんでカピカピになったビーズでも、消臭剤を加えると再び液体を吸収して復活します。

今回の記事では、消臭ビーズ容器の代用に使えるプラスチック素材や、乾燥してカピカピになった消臭ビーズの復活方法と、捨て方について解説します。

スポンサーリンク

消臭ビーズは効果ない?容器の代用や復活と液体になった場合の捨て方ポイント

  • 消臭ビーズの効果ないという噂は嘘で、匂いを元から酸化還元して分解・中和する。
  • 消臭ビーズの容器の代用は、エタノールに耐性のあるプラスチック素材を選ぶ必要がある。
  • 消臭ビーズは、内部に含まれる液体が揮発してしまうので、新たに消臭剤を加えればビーズの大きさは復活する。
  • 消臭ビーズの主成分の吸水性ポリマーは、基本プラスチックと似ているので、捨て方はプラゴミか燃えるごみでOK。
PR:このページではプロモーションを表示しています

消臭ビーズは効果ないは嘘!匂い物質を分解する消臭ビーズの知恵袋

結論から言って消臭ビーズが効果ないという噂は嘘です。

何となく、見た目だけで消臭しなさそうと消臭ビーズの使用を敬遠していませんか?消臭ビーズは他の消臭剤にはないメカニズムで、匂いの元の分解してくれるので、非常におススメです。

消臭ビーズの正体
吸水性ポリマーが液体になることはない

しかも、乾燥して小さくなった消臭ビーズは、消臭剤をつぎ足せば再びビーズの大きさと透明度が復活するのでコスパ的にもおすすめです。

この見出し内の記事では、消臭ビーズが消臭する仕組みを簡単に解説します。

消臭ビーズには、匂いの元をキャッチして中和・分解する力があると言われていますが、その作用の元となるのが、ポリフェノール化合物です。

ポリフェノールは、ブドウの皮に含まれている成分ですが、ポリフェノールは、悪臭分子と化学的に結合して中和・分解します。

特に、タンニンと呼ばれるポリフェノールの一種は、悪臭分子と強く結合する性質を持っています。

ポリフェノールは、悪臭の原因となる酸化物質を還元する抗酸化作用を持ち、これにより、悪臭の発生を抑えます。

身近な天然消臭成分は、カカオ・ベリー類・赤ワインに含まれます。

通常のアロマは、匂いだけを揮発させて他の臭いを紛らわせるだけなので、ポリフェノール化合物のような仕組みの消臭材ではありません。

アロマオイルは匂いを他の臭いでかき消すイメージですが、消臭ビーズは匂いの元から酸化還元して悪臭の発生を抑える事が出来ます。

消臭ビーズの容器は代用できる?100均で代用できる消臭ビーズ容器

消臭ビーズの容器は