無電源ラジオ自作の為の回路図と簡単な原理と電池がいらない理由

無電源鉱石ラジオ(ゲルマニウムラジオ) 電気電子・情報工学
無電源ラジオの自作に必要な部品はなんと2点

無電源ラジオ(ゲルマニウムラジオ)の自作はたった2点の部品で出来ると知ったら驚きませんか?

しかし、ラジオの基本は2点だけで原理や回路図を説明できるのです。

筆者が無電源ラジオを製作したのは小学校低学年で、初めて電子工作に触れたのもゲルマニウムラジオが始まりでした。

今回も前回の光るアンテナに続き、夏休みの自由研究のテーマに最適な無電源ラジオの自作方法から回路の動作原理や電池が要らない理由についてもご説明します。

スポンサーリンク

無電源ラジオ自作の為の回路図と簡単な原理と電池がいらない理由ポイント

  • 無電源ラジオ(ゲルマニウムラジオ)はなんとダイオードとクリスタルイヤフォンの部品2点だけで制作可能。
  • LC同調回路が無いので、選局は不可能だがラジオの基本的な仕組みを知る事が出来る。
  • 電池や電源が必要ないので、電波条件さえ良ければ一生なり続け、災害時にも使える可能性を秘めている。
  • 自作で無電源ラジオの部品を揃えようとした場合、ダイソーなどの100均では揃わないので、秋葉原に行くか通販での入手が必要。
PR:このページではプロモーションを表示しています

無電源ラジオ・鉱石ラジオ・ゲルマニウムラジオ・トランジスタラジオの違いは?

ラジオと一口に言っても、見出しの様に無電源ラジオ(鉱石ラジオ・ゲルマニウムラジオの総称)やトランジスタラジオなど様々な物があります。

ラジオ受診のミソは検波でゲルマニウムダイオードがその役割を担っています。

各見出しではそれぞれのラジオの特徴について解説しています。

鉱石ラジオは方鉛鉱を検波器に使用した無電源ラジオ

ゲルマニウムダイオードを利用したラジオなら確実に検波が可能ですが、この鉱石ラジオはアンテナやアースの他に、検波できる部分を針で探さなければいけませんし、聞こえた位置で固定しなければいけないのでとても面倒なのは言うまでもありません。

ただ、鉱石ラジオはレトロなアナログラジオで今も教材にされる程人気が高いです。

鉱石ラジオに使う鉱石類
実験に使用した我が家の鉱石。金などもありこれだけで数十万はする

上記は実験で使用する鉱石です。

様々タイプの実験用鉱石が入っています。(黄鉄鉱・鉄・花崗岩・金・銀・水晶・硫黄・雲母他)

ゲルマニウムラジオは電子部品のダイオードを利用した無電源ラジオ

ゲルマニウムラジオと言っても下記のようなトランジスタで増幅回路が組み込まれたものや、ポリバリコンとバーアンテナを付加して選局が出来るようにした無電源ラジオも存在します。

電源や増幅回路が無いゲルマニウムラジオが無電源ラジオという事になります。

今回の記事ではクリスタルイヤフォンとダイオードだけを利用したゲルマニウムラジオが無電源ラジオです。

冒頭でも触れたとおり、このラジオには電源が要らない代わりに特殊なイヤフォンを利用しています。

それがクリスタルイヤフォンです。このイヤフォンでなければダイオードだけの検波回路で音を聞くことは出来ません。

トランジスタラジオは電池が必要な信号増幅機能を持った電子ラジオ

通常のラジオの基本部品はバーアンテナとポリバリコンにダイオード、クリスタルイヤフォンです。

これは今回の無電源ラジオのように無電源で受信できるラジオですが、ダイオードとクリスタルイヤフォンだけのラジオと違ってポリバリコン(可変できるコンデンサ)がついて居るので、選局が可能です。

ただ、これだけだと信号が弱いので良く聞こえない場合がありますし、スピーカーを鳴らすほどの電力は得られません。

そこでトランジスタの出番となるのです。

トランジスタは簡単に言うと信号を増幅する作用がある部品です。(詳しく説明するとものすごく長くなるので、興味のある方は調べてみましょう)

これを回路に組み込むと、クリスタルイヤフォンだけではなくスピーカーも鳴らせるような普通のラジオになります。