アドセンスのインプレッションはいつから?CPM単価と審査の影響

グーグルアドセンスの審査とインプレッション 電気電子・情報工学
厳しくなったグーグルアドセンスの審査とインプレッションの以降について

2024年3月6日にグーグルのコアアップデートが開始されました。

今回はスパム対策を強化したコアアップデートで、最長で一か月程度の更新期間を設けると公式発表がありました。

コアアップデートより少し前の2月にアドセンスも広告がCPC(クリック型報酬)からCPM(インプレッション型報酬)への大きな変更がありました。

コアアップデートとアドセンスのインプレッション変化前後にアドセンスの審査に20回落ち続けた筆者が、インプレッションやアドセンス審査合格のポイントについて解説します。

スポンサーリンク

アドセンスのインプレッションはいつから?CPM単価と審査の影響ポイント

  • アドセンスは今までの広告クリック報酬型のCPCから、広告が表示されるだけで報酬が発生するインプレッション型報酬のCPM型に2024年の2月から完全に移行した。
  • インプレッション型『CPM単価』は1000回表示されて約30円から50円程度。
  • インプレッション型に移行した後も審査不合格は続いていたが、審査が厳しいと言われる2024年も基本を抑えればアドセンスの審査に合格できた。
  • アドセンスの合格の基本はとにかくアドセンスのプログラムポリシーに違反しないことが今も昔も大前提。
PR:このページではプロモーションを表示しています

アドセンスのインプレッション移行についていつから対策が必要?

インプレッション とは、広告がユーザーに表示された回数を指します。これは、ユーザーが広告をクリックしたかどうかとは関係なくカウントされます。

アドセンスにおけるインプレッションの重要性

アドセンスの収益は、クリック単価 (CPC) とインプレッション数の両方に影響されます。つまり、インプレッション数が多いほど、収益が増える可能性が高くなります。

インプレッション数を増やすためのヒント:

  • 質の高いコンテンツを作成する: ユーザーが興味を持ち、何度も訪れたくなるようなコンテンツを作成しましょう。
  • 適切なキーワードを使用する: ユーザーが検索しそうなキーワードを記事内に盛り込みましょう。
  • 広告の配置を最適化する: ユーザーの目に留まりやすい場所に広告を配置しましょう。
  • さまざまな広告フォーマットを使用する: テキスト広告、ディスプレイ広告、動画広告など、さまざまなフォーマットの広告を試し、ユーザーにとって最適なものを選びましょう。

アドセンスのインプレッションに関する指標

アドセンスでは、インプレッション数に関するいくつかの指標を確認できます。

  • ページインプレッション: ページビュー数と広告表示回数の合計数
  • 広告インプレッション: 広告が表示された回数
  • クリック率 (CTR): 広告がクリックされた割合
  • コストパー千インプレッション (CPM): 1,000 回の広告表示あたりの収益

これらの指標を分析することで、広告のパフォーマンスを理解し、改善することができます。

アドセンスのインプレッション移行に関する注意点

  • インプレッション数が多いからといって、必ずしも収益が増えるとは限りません。 クリック率やCPCも重要です。
  • 不自然なインプレッション数を増やすことは、アカウントの停止につながる可能性があります。 常に Google AdSense のポリシーを遵守しましょう。

アドセンスのインプレッション移行について本家他参考情報

  • Google AdSense ヘルプ: インプレッション収益(RPM): https://support.google.com/adsense/answer/190515?hl=ja
  • アドセンス収益アップのためのヒント: インプレッション収益(RPM)を高める10の方法: [無効な URL を削除しました]
  • アドセンスのインプレッションに関するブログ記事: 【徹底解説】アドセンスのインプレッションとは?収益アップのための5つの方法: https://digima-labo.com/11242/

2024年アドセンス審査合格のポイントを元エンジニア目線で解説

アドセンスの審査は年々厳しくなっていると言われていますが、筆者はブログは超初心者ですが元々プログラマーでWEB開発でPHP/HTML/CSSを使用していたこともあり、SEOにも全くの無知という訳ではなかったので、『アドセンスの審査なんて簡単に合格できるだろう』と完全に高を括って舐めてかかっていました。

その勘違いが20回にも及ぶ不合格の苦悩と、アドセンス審査への挑戦の始まりでした。

おまけに、筆者の場合中途半端にプログラムの知識がある分、独自にテーマを改造したり最初からjpprepper.comに紐づくサブドメインでSNSやショッピングサイトを立ち上げており、もはや何が不合格の原因か特定するのが完全に難しくなってしまったのが原因の一つとして挙げられます。

20回もアドセンスの審査に落ちて大変でしたが、その分他のブログでは紹介しきれていないノウハウが蓄積できたというメリットもあります。

私は合格までの間、一つでも改善できる点はないかとアドセンスの審査に関するブログや動画を片っ端から読み漁りました。

その中で、他のブログでは紹介していないアドセンス合格のノウハウに絞って合格のポイントを解説していきたいと思います。

ちなみに、合格時の日のPV数は約5000PV/D・クリック数は約300・平均CTR約5%と決して低くない数値でしたが、なかなか合格出来ませんでした。

不合格理由は最初から最後まで20回全て『有用性の低いコンテンツ』がアドセンスの不合格理由でした。

私が20回もアドセンスの審査に不合格の末、たどり着いて参考にさせていただいたブログを紹介します。