延長コードが焦げた時の対処法!修理費用や原因を解説。まだ使える?

延長コードが焦げた!修理費用や対処法は? 電気電子・情報工学
延長コードが焦げる原因はワット数の上限を超えた電気機器を使用した事が原因

延長コードが焦げた時の対処法は、延長コードを触ると感電の恐れがあるので、放置せず直ぐにブレーカーを落として延長コードを抜いてください。

素人判断でまだ使えると思っても、焦げた延長コードは漏電の危険がある為、絶対に使わないでください。

修理費用は延長コードなら数百円で済みますが、コンセントの修理が必要な場合は専門業者に依頼する必要がある為、修理費用は一か所につき1万円前後かかります。

延長コードが焦げる原因は、主にタコ足コンセントによる1500W以上の負荷がかかった場合、銅線が加熱し被覆が焦げる事が原因です。

スポンサーリンク

延長コードが焦げた時の対処法!修理費用や原因を解説。まだ使える?ポイント

  • 延長コードが焦げた場合は電気火災ですので、対象方法は、ブレーカーを落としてから延長コードを抜きましょう。
  • 延長コードが焦げる原因は1500W以上の機器を同時に使用した場合ですので、ワット数の多い電機器を一度に同じ延長コードで使わないようにしましょう。
  • 焦げた延長コードは使えません。コンセントが焦げた場合の修理費用は1万円前後です。
PR:このページではプロモーションを表示しています

延長コードが焦げた時は電気火災!対処法は直ぐにブレーカーを落とす

対処方法はまずブレーカーを落として安全を確保した上で、延長コードを抜いてください!焦げた延長コードは絶縁機能を失っており、触ると漏電・感電の危険性があり大変危険です。

焦げた延長コードは絶縁機能を失っており、放置すると大変危険です!素人判断でまだ使える!と考えないで、必ず新品に交換してください。

延長コードが焦げた時の対処法
直ぐにブレーカーを落とし、コンセントから延長コードを抜こう!

延長コードが焦げて火災寸前になった場合、水での消化はさらなるショートや漏電・感電の危険が増し、二次災害の原因となるので、電気火災用の消火器を使用する事をお勧めします。

電気火災用の消火器はホームセンターでも販売していますが、私がお勧めするのが二酸化炭素の消火器です。

二酸化炭素は、粉の消火器の様に吹きかけても周りを汚す心配がないので、片づける手間が無いので非常に便利です!(ただ、普通の消火器に比べると流通が少なく、値段も高価です。後々の事を考えると、非常にコスパ良いと思います。)

吹き出す二酸化炭素はドライアイスの様に非常に冷たいので、加熱した電気コードを冷ます役割としても大変効果的です。

延長コードが焦げる決定的原因を電気公式から紐解く方法

延長コードが焦げる原因は、延長コードの上限である1500Wを超えたワット数の電気機を使用したことが原因とお話ししました。

電気コードや電気機器は、超電導でも無い限り電線に抵抗があるので、どんな電線も過剰に電流を流せば電線の抵抗で発熱します。

家庭用の延長コードがその上限が1500Wと決まっているのです。

もう少し電線の抵抗について具体的な解説をすると、金属内部には自由電子が存在しており、金属の両端に電圧をかけると、電位差で電子が移動して電流がが流れるのですが、途中にある金属原子に自由電子が衝突し、それが電気抵抗となります。

この時の電線の抵抗は、電線の長さを[L]とし断面積[S]で割ったものを抵抗率[ρ]でかけて求める事が出来ます。

\[ R=ρ\frac{L}{S} \]
LEDが熱いのはなぜ?
消費電力は電圧×電流で求められる