アース線をつける場所がない!電子レンジはそのままで大丈夫?知恵袋

電子レンジは感電リスク大な家電製品 電気電子・情報工学
漏電・感電は危険!電子レンジにアース線を繋がず感電すると死亡する可能性も!

電子レンジにアース線を付ける場所がないので、そのまま放置するのは割とどこの家庭や賃貸でもよくある事です。

果たして電子レンジのアース線をつけないとどうなるのでしょうか?アース線の付け方は床に垂らすのが正解?

電子レンジには物を温める為に必要なマイクロ波を発生させるために超高電圧が生成されていますので、家庭で使用する電化製品の中で最も感電リスクの高い物の一つである事は事実です。

アース線や漏電遮断器を付けずに内部回路がショートすると、流れる電流も大きいため死亡事故につながりやすいのです。

アース線を床に垂らすのも一見正解の様ですが、正しくありません。

こんな疑問を電気電子工学の専門家である筆者が、アース線をつけないで大丈夫なのか?付け方はどうやるのか電子レンジのアース線に関する知恵袋を解説します。

スポンサーリンク

アース線をつける場所がない!電子レンジはそのままで大丈夫?知恵袋ポイント

  • アース線をつける場所がないなら電子レンジには漏電遮断器を付けるべき!高電圧が流れているので、そのまま床に垂らす・つけないのは危険!
  • 賃貸契約でアース線が無いなら、事故防止の為にオーナーと交渉すれば大丈夫かもしれない。
  • アースが無い場合の代用品は漏電遮断器をコンセントに取り付ければOK!漏電を検知して瞬時に漏電をストップしてくれる漏電の強い味方。
PR:このページではプロモーションを表示しています

電子レンジは最も感電しやすい電化製品!アース線が無いとどうなる?

電子レンジにアース線が無い場合は、電子レンジ自体の動作に支障はないので大丈夫ですが、アース線をそのままにしておくと漏電した時に感電します。

コンセントプラグとアース線
家庭では通常電子レンジ置き場と冷蔵庫、洗濯機にはアース線が付属しているものだが・・・。

こちらの記事では電子レンジから異音がした場合の対処方法や漏電との見極め方法について詳しく解説しておりますのでご覧ください。

電子レンジからバチバチと異音がしたり、光ったりするのは故障?

詳しくは上記の記事で解説しているので、この章では記事の内容を要約すると、電子レンジにはマイクロ波という水分を振動させて、そのエネルギーでモノを温める為の強力な電磁波が発生しています。

この電磁波であるマイクロ波を発生させるには、マグネトロンという電子部品を動作させる必要があるのですが、このマグネトロンを動作させるには約1.5kV近い高電圧が必要になります。

この1.5kVという超高電圧は、電線が接触し