ワードプレスブログをツイッター(X)へ自動投稿する最も確実な方法

Autoshare for Twitter | インストール 電気電子・情報工学
未インストールの場合はインストールボタン

Autoshare for twitterはWordpress(ワードプレス)で書かれたブログ記事をTwitter(X)へ自動投稿する最も確実な方法です。

現在APIの仕様変更で様々な連帯プラグインが使用できない状況の中、唯一Autoshare for twitterはWordpress(ワードプレス)で新規投稿されたブログの記事をTwitter(X)へ連帯できる無料で最も確実なやり方です。

画像を見ながら出来るだけ分かりやすく設定できるように元エンジニアでプログラマ・SEを経験した筆者が解説しています。

一緒にAutoshare for twitterを使ってワードプレスの記事をツイッターに投稿する手間を省きましょう!

スポンサーリンク

ワードプレスブログをツイッター(X)へ自動投稿する最も確実な方法とポイント

  • Autoshare for twitterが無料でツイッターとワードプレスを連帯出来る唯一、無料で確実な方法!
  • Autoshare for twitterはワードプレス専用のプラグインなのでダウンロードしてインストールすれば難しい知識なしで無料で利用可能。
  • 連帯にはTwitter(X)のAPIキーが必要。(簡単に言うとワードプレスとツイッターを連帯する為のキー)
PR:このページではプロモーションを表示しています

ワードプレスで書いた記事を、SNSと連帯させて自動投稿したいと考えた事は誰でもあるかと思います。記事を投稿した段階でツイッターと連帯出来れば集客につながりとても便利です。今回はワードプレスからツイッターへプラグインを使用して記事を自動投稿する方法を学びます。

ツイッターと連帯するプラグインは沢山の種類がありますが、そのどれもが2023年10月の現在ではツイッターの経営者が変わりAPIの有料化に伴い、連帯終了または有料での提供となっています。

Jetpack・Blog2Social等はツイッターと連帯するのに有名なプラグインですが、どれも提供が有料化しています。そこで、私も自分でAPIを利用してプログラムを書くのと新たなプラグインを探してインストールすのとどちらが楽か実際にやってみて感じたことを書きたいと思います。

結論から言って、作るより『Autoshare for Twitter』を使ったら楽でした

Autoshare for Twitterは簡単な操作で誰でも直ぐにツイッターとワードプレスを連帯する事が出来るのでおススメです。事項からはこのプラグインのインストールと使用方法を解説します。

Autoshare for Twitterインストール

インストール前にインターフェースなどの部分を紹介しておきます。インストールすると、記事作成の投稿タブにツイッターの共有ボタンが現れるので、トグルをONにするだけで自動投稿の設定は完了し、投稿と同時にツイッターに共有されます。ただ、一点残念な点があり、プラグインをインストールすると、投稿画面のレイアウトが激しく崩れてしまう点です。

Autoshare for Twitter | 自動投稿
Autoshare for Twitterの自動投稿メニュー
Autoshare for Twitter | レイアウト崩れ
使い方は簡単で便利だが、この手のプラグインはなぜかレイアウトが崩れるものが多い
Autoshare for Twitter | コネクト完了
接続が完了して自動投稿出来る準備が整う

Autoshare for Twitterインストール手順

プラグインの新規追加
新規追加を押下してプラグインのインストールを実行してください
Autoshare for Twitter | インストール
未インストールの場合はインストールボタン

ワードプレスのダッシュボードのプラグイン追加画面から、プラグインには新規追加ボタンがありますので押下したら、Autoshare for Twiiterを検索してインストール。画像はインストール後にキャプチャした為、今すぐ更新と出ている。

Autoshare for Twitter | 設定ボタン
プログラムはインストールしたら自動更新

なんでもそうですが、プラグインを何かインストールしたら基本自動更新設定にしておきましょう。
ここまでやったらインストールするのですが、このプラグインを使うにはツイッターのAPIを取得してアクセスコードを取得する必要があります。

設定画面はこのままにしておいて、ツイッターのAPIをまずは取得しましょう。ツイッターのアカウントを持っていない方は、ツイッターのアカウントが必要です。
また、ログインしてい