メガネの曇り止めが効かない時の知恵袋!代用や最強の市販品は?

メガネの曇り止めが効かない場合 田舎暮らしを楽しむ
メガネの曇り止めが効かない場合は界面活性剤が含まれた洗剤で汚れを落としが効果的!

メガネの曇り止めが効かない時の知恵袋を、普段メガネを使っている筆者が解説します!曇り止めに代用可能なものは、主にメガネに影響を与えない成分と界面活性剤が鍵です。

最近のメガネは、以前のガラス製品の他にプラスチック製品で何層にもフィルムコーティングされた製品も主流になってきている為、メガネの拭き方や取り扱いには注意が必要です。

解説した通り、現在のメガネはプラスチックとガラスで二種類の製品が存在すので、それぞれ最強の市販品が異なります。

スポンサーリンク

メガネの曇り止めが効かない時の知恵袋!代用や最強の市販品は?ポイント

  • メガネの曇り止めが効かない原因の殆どは、曇り止めを使用する前にメガネを洗浄していない事が原因。
  • メガネの曇り止めの代用品は、界面活性剤が含まれる石鹸や中性洗剤、液体ハンドソープなどが効果的。
  • フッ素や界面活性剤はメガネの曇り止めに効果的だが、フッ素は物質が不安定なのと、界面活性剤も持続時間は1時間程度と短い。(環境や使用方法に依存する)
PR:このページではプロモーションを表示しています

メガネの曇り止めが効かない!又は曇り止めの代用の知恵袋を解説!

メガネを使用している筆者ですが、冬場にマスクをしている時や、熱いスープなどを飲んでいると、どうしてもメガネが曇るものです。

本来、メガネの曇りに活躍するはずの曇り止めですが、曇り止めも種類によっては逆に意外と曇ったり、あまり効果が無く逆に見難くなる場合がありますので、そんな時にメガネの曇り止めが効かない時の代用方法や知恵袋について解説します。

メガネの曇り止めの代用
界面活性剤が含まれる石鹸・洗剤・ハンドソープ・歯磨き粉が使える

メガネの曇り止めが効かない時は、まずはメガネについたホコリや汚れの有無を疑ってみましょう。

どんなにメガネに曇り止めをつけていても、天ぷらを揚げた後に油が跳ね返ったようなベタベタな眼鏡や、汗やホコリで汚れたメガネに曇り止めをつけても効果が薄いです。

曇り止めに界面活性剤が有効であることを冒頭で解説しましたが、この界面活性剤は水分を散らす効果があり、水分を散らす事で水分の蒸発を促し、曇りを素早く防止する効果が期待できますが、この効果を最大限に発揮するには、大前提としてメガネ本体が汚れていない事が条件です。

つまり、埃や汗や指紋などが着いた状態のメガネに曇り止めを塗っても、汚れが水分を吸収してしまい、上手く撥水できず曇りに繋がるというのがメガネの曇り止めが効かない主な原因と知恵袋です。

続いてメガネの曇り止めが効かない場合に代用できる成分と知恵袋について解説します。

市販の曇り止めがなくても、身近なもので代用できる方法がありますが、効果や持続時間は限られる場合があるので、あくまでも一時的な対策として考えておきましょう。