歯磨き粉の使用期限は10年?使用期限はどこに記載ありで切れたら?

歯磨き粉の使用期限10年説はホント? 田舎暮らしを楽しむ
歯磨き粉の使用期限は基本的になく、品質を保つのがKaoの場合3年と公式に解説あり

歯磨き粉の使用期限が10年という説は根拠がありませんし、私の愛用しているKaoの歯磨き粉の公式サイトには、製造年月日は記載されていますが、使用期限はどこに記載があるか探しても記載されていません。

KaOによると、製品の品質を保てるのが3年と記載があるので、メーカーによっても品質を担保できる期限は異なるのだと思います。

歯磨き粉は、直ぐに使えなくなるものではありませんが、含まれている成分については、劣化や品質の低下が起こる可能性があるので、歯磨き粉の成分詳細についても解説します。

歯磨き粉の劣化を確認するポイントとして、製造年月日とpH調整剤の有無や、フッ素が入っているかどうかも重要です。

スポンサーリンク

歯磨き粉の使用期限は10年?使用期限はどこに記載ありで切れたら?ポイント

  • 歯磨き粉の使用期限が10年というのは根拠がなく商品によって異なるので、メーカーサイトで確認するのが一番!
  • 使用期限はどこに記載がある?探しても見つからないのは、3年経過しても安全性に問題ない製品は、使用期限を記載しなくても良いと法律で定められているから。
  • 長期保存できる歯磨き粉の目安として、pH調整剤が入っている事が重要!(pHを調整する事で、雑菌やカビの繁殖を抑える)
PR:このページではプロモーションを表示しています

歯磨き粉の使用期限は10年が最長?使用期限はどこに記載がある?

歯磨き粉には、一般的に「使用期限」が明記されていませんが、医薬品医療機器等法に基づき、製造から3年経過しても安全性・有効性・使用感が問題ないと認められるものは、使用期限を記載しなくても良いとされているためです。

歯磨き粉の製造年月日
歯磨き粉には使用期限の代わりに製造年月日の記載がある

という事なので、歯磨き粉に使用期限はどこに記載があるか探しても見つかりません。

5年・10年が最長という説も、特に根拠がありませんが、下記の見出しの記事内容でも解説している通り、フッ素が配合された古い歯磨き粉に関しては、性能が劣化している可能性はあります。

フッ素の劣化について、下記の記事内容を解説すると、フッ素は科学的にとても不安定な物質で、他の元素と容易に結合してしまう為、長期間保存された古い歯磨き粉は、フッ素が水と反応して、フッ化水素を形成し、本来のフッ素の役割を果たさなくなる可能性があります。

歯磨き粉の使用期限を気にするよりも、口に合わないなと感じたら、使用をやめるのが一番だと思います。

下記でも解説しましたが、歯磨き粉は食べ物ではないので、神経質に使用期限をそれほど気にする必要は無いかなと思います。

私なら、使用期限がどこに記載があるかわからない古い歯磨き粉でも、勿体ないので使ってしまいますが。

と、ここまで書いてきましたが、調べたところ、製造年月日を知る事は出来ることが分かりましたので、画像を載せておきます。

歯磨き粉の製造年月日は、チューブの端の熱で閉じられている部分に記載がありました。

私が今使っているKaoの歯磨き粉だと、20211205と記載がありますので、2021年12月05日に製造された製品である事が分ります。

これは正直初めて知りました!ブログを書くために、歯磨き粉について色々調べて居なければ、一生知る事はなかったでしょうw

Kaoのサイトでも、実際に同様の事がかかれていますね。

花王 | 製品Q&A | 【使用期限】ハミガキの使用期限はどのくらいなの?
『【使用期限】ハミガキの使用期限はどのくらいなの?』についての回答を紹介しています。