下穴不要なコンクリートビスは?インパクトを使った打ち方

海外マキタ外観 趣味のDIY
見た目からは海外製品とはわからない

コンクリートに下穴を開けるって面倒ですよね?そんな時に直接打ち込みが可能で下穴不要な一発ビスの打ち方について紹介します。一発ビスはインパクトさえあれば下穴不要で直ぐにコンクリートに打ち込めます!素材別(alc、コンクリート、モルタル、石材)に分けた打ち込み方も検証。
また、下穴が必要な場合のビット(ドリル)サイズや下穴のあけ方についても実際の制作事例を交えて紹介します。

スポンサーリンク

下穴不要なコンクリートビスは?インパクトを使った打ち方ポイント

  • コンクリートビスは下穴不要で工作物を固定できるが、繰り返し外していると次第にビスが効かなくなるので注意。
  • 下穴不要なコンクリートビスを打つ場合、インパクトドライバで打てるものが殆ど。
  • 何度も外したり、強度を保ちたい場合はフィッシャープラグなどのアンカープラグを入れた施工がおすすめ。
PR:このページではプロモーションを表示しています
  1. コンクリートビスは一発ビスでOK!下穴不要でインパクトで直接打ち込める
  2. ALC・モルタルって聞くけど下穴不要?コンクリートとどう違う?
  3. コンクリートビス(一発ビス)が入らない時はどうする!?対処方法を解説!
  4. 下穴が必要なコンクリートビスとは?インパクトで下穴を開けられるの?
  5. コンクリートビスに必要な下穴を開ける時のドリル(ビット)のサイズは?
  6. 振動ドリルを使ったコンクリートへの下穴開けとインパクトとの違い
  7. 振動ドリルはマキタがDIY用途におすすめの理由
    1. 同じ穴あけでも振動ドリルとインパクトドライバでは仕組みが異なる
    2. マキタの振動ドリルに使用されるバッテリーの電圧は?
    3. マキタ製品の振動ドリルに使用されているビットの種類は?SDSそれとも六角?
      1. SDS-MaxとSDS+
      2. 六角軸
      3. ドリルチャック
    4. マキタの振動ドリルの注意点を解説。DIYで気になる防水と防塵性能は?
    5. 自分でメンテンナンス可能なら海外マキタもお勧め
  8. マキタ振動ドリルの基本的な使い方を解説!
  9. マキタの振動ドリルでコンクリートの穴あけ方法は?DIYでおススメの方法を解説!
    1. マキタの振動ドリルはコンクリート専用なの?石には穴あけ出来るのか?
  10. 振動ドリルで制作した棚やフックの制作事例を画像付きで紹介!強度は?
  11. マキタの振動ドリルが故障した時の対処方法は?
  12. 下穴不要のコンクリートビスがインパクトだけでOKな理由纏め
  13. 下穴不要なコンクリートビスは?インパクトを使った打ち方まとめ
      1. マキタの振動ドリルをおすすめするポイント
  14. 【その他】マキタドライバと併せて持ちたい工具

コンクリートビスは一発ビスでOK!下穴不要でインパクトで直接打ち込める

コンクリートに何か工作物を固定したい場合があります。そんな時に便利なのがインパクトで直接打ち込みが出来る下穴不要な一発ビス(コンクリート)です。このビスは先端にコンクリートに対応できるドリル刃がついているのが他のビスにはない特徴です。また、材質も鉄とステンレスの物がありますがやはりステンレスは野外での使用を前提とし、鉄よりも腐食しにくいので高価です。

作業時間の短縮にはなりますが、メリットばかりではありません。やはりデメリットもあります。他のビスに比べて値段が高いですし、プラスチックアンカーを使用する他のコンクリートビスと比べて致命的な欠点もあります。下記でも詳細を述べていますが、一発ビスは一発で打ちこめる半面、何度も打ち込む用途には不向きです。これは打ち込む側の材質が関係しています。

コンクリート・モルタル・ALC等は材質が硬い分、ドリル刃で穴を開ける時に粉になり穴を開けます。何度も繰り返し締めたり緩めたりすると何れ穴がガタガタになり、正常に固定できなくなります。

ALC・モルタルって聞くけど下穴不要?コンクリートとどう違う?

ALC・モルタル・コンクリートに共通して言えることは、材質にセメントを使用している事です。つまり、この三種類でしたらインパクトを使って一発ビスで下穴不要で工作物を固定できます。
勘違いしやすいのが石材ですが、これは様々な材質でセメントを使ったものより密度が高く、非常に硬いので一発ビスやインパクトで打ち込む事は出来ません。

ALC・モルタル・コンクリートの強度や骨材について簡単に解説します。具体的には『マキタの振動ドリルはコンクリート専用なの?石には穴あけ出来るのか?』の見出しで紹介しています。

強度はコンクリート>モルタル>ALCとなります。コンクリートにはセメントと砂の他に砂利を混ぜています。モルタルは砂とセメントです。ALCはセメントと石灰が主です。

コンクリートビス(一発ビス)が入らない時はどうする!?対処方法を解説!

ALCは主に壁に使われているような材料ですので、一発ビスで入らない事は無いと思いますが、コンクリートは場合によってコンクリートビス(一発ビス)が入らないことがあります。その理由をご説明します。

コンクリートには骨材の他に強度を保つために鉄筋が入っていますし、骨材の砂利でも砂利の硬い部分に当たってしまうとコンクリートビスが入りにくい場合があります。

こういった場合、インパクトにインパクト専用のコンクリート専用のドリルビットを取り付けてビスの進みを補助します。一発ビスに下穴が不要なのは前述した通りなので、ビスの直径より大きなビットを使ってしまうとビス自体が効かなくなるので注意しましょう!

下穴が必要なコンクリートビスとは?インパクトで下穴を開けられるの?

次に、下穴が必要なタイプのコンクリートビスについて説明します。先ずは一発ビスとのメリットの違いについて解説します。このタイプには先端にコンクリートを削る部分の刃がありません。基本的に全ネジです。下穴を開けたコンクリートに打ち込みます。一発ネジよりは取り外し・取り付けの回数は多くなると思いますが、それでも材質がセメント主体なので何度も外したり緩めたりすればいずれはネジが効かなくなります。

インパクトであけられる穴はあくまで小径であることを覚えておきましょう。

コンクリートビスに必要な下穴を開ける時のドリル(ビット)のサイズは?

下穴のあけ方は購入時にちゃんと下穴のサイズが記載されていますので、それに対応したビットを購入しましょう。勿論、インパクトで開ける時はコンクリート専用の六角ビット(ドリル)を選択しましょう。

コンクリートにインパクトで下穴を開けると、ドリルやビスがかなり熱を持ちます。一定時間回したらビ