平行ネジ・テーパーネジの見分け方と組み合せ!どこまでシールテープを巻くか解説

蛇口配管例 趣味のDIY
並行ネジ・テーパーネジの見分け方は?

水道配管には平行ネジ・テーパーネジを使用したものが使われており、見分け方は、平行ネジが同径のネジでパッキンを使用してシールしますが、テーパーネジは先細りのネジでシールテープを巻いてシールします。

平行ネジとテーパーネジの組合せは可能な場合もありますが、先細りのネジと平行のネジではかみ合わせが中途半端になるので推奨されていません。

平行ネジとテーパーネジをどこまで締めこむかに関しては、パッキンやシールテープを巻いて、工具で締めて動かなくなる位まで締めこみます。

仕組みは、平行ネジがパッキンを押し付けてシールするのに対し、テーパーネジは先細りのネジとシールテープを巻いて密着させます。

また、平行ネジはGネジとも呼ばれ、テーパーネジはR(おネジ)・Rc(メネジ)・Rp(平行めすねじ)の3種類で給水管オスネジ(Pj)といった規格も存在します。

スポンサーリンク

平行ネジ・テーパーネジの見分け方と組み合せ!どこまでシールテープを巻くか解説ポイント

  • 見分け方は、先端が先細りのネジがテーパーネジで、ネジが同径のものは平行ネジと呼ばれる。
  • 平行ネジとテーパーネジの組み合わせは原則不可だが、可能な場合もある。(仕組み上、かみ合わせが中途半端になる)
  • 平行ネジにはシール材にパッキンを使用し、テーパーネジにはシールテープを巻いてシールします。
  • どこまで締めれば良いかは、各シール材を適切に施工した後、工具で止まるまで締めこみます。
PR:このページではプロモーションを表示しています

平行ネジとテーパーネジの見分け方!どこまで締める?仕組みは?

平行ネジとテーパーネジの見分け方や、ネジやナットをどこまで締めこめばよいのか、平行ネジとテーパーネジの水漏れ防止の仕組みについて、仕事やDIYで数々の水道配管を施工してきた筆者が解説します。

平行ネジの仕組みと構造!施工時にどこまで締めこめば水漏れしない?

パッキンを強く合わせる事で止水する仕組みの水栓パーツが平行ネジで、施工時にはパッキンを入れて止まるまで強く締めこみますが、どこまで締めるかの目安は、あまりにきつく締めすぎると内部のパッキンが変形、断裂してしまう原因になるので、腕の力70%位で締めこむのが丁度良いです。

並行ネジとナット
パッキンを入れずに施工するとどんなに締めても漏れてくる
並行ネジバルブ
珍しい平行ネジタイプのボールバルブ

平行ネジとはこのような外観・構造になっており、仕組みはフリーの袋ナットが配管・バルブに通されて、パイプのフランジのツバの部分にパッキンを当ててそのまま締めこむと、パッキンが押し付けられてシールされます。

※尚、フレキ管を適当な長さにカットして施工するには別途下記のフレキ管つばだし工具が必須です。

平行ネジにはのおネジにシールテープは使用せず、付属のパッキンを使用します。

このゴムパッキンは古くなるとかなり劣化して、触ると崩れてくる事が良くありますので、平行ネジ部分から水漏れする場合は、パッキンの劣化を疑いましょう。

並行ネジのパイプとバルブ
両方とも平行ネジでパッキンでシールする

上記の画像は平行ネジを使用した配管とバルブの一例です。

上段の白いつまみが付いたものは水道用のボールバルブで、左がテーパーネジでTSソケットとVP13の塩ビ管で接続されています。

テーパーネジ側の部分は、シールテープを巻いてシールする必要があります。

右側は袋ナット付の平行ネジで、パッキンを挿入して締めこみます。