ガスバーナーがつかない!ガスが出ない・火花が飛ばない点火装置修理

ガスバーナーがつかない時の対処法は? 趣味のDIY
ガスバーナーがつかない時は様々な点火不良が考えられる。タイプ別に原因を解説

ガスバーナーがつかない原因は多岐に渡りますが、主な症状を大別するとガスが出ない・火花が飛ばない点火装置の2パターンが挙げられます。

トーチバーナーでもシングルバーナーでもガスが出る基本構造は変わらず、基本的にはガスが出ない原因はノズルの詰まりか温度の低下、点火装置【イグナイター】の火花が飛ばない原因は圧電素子の故障やスパークプラグの汚れ、配線の接触不良が考えられます。

ガスバーナーがつかない原因を、ガスが出ない・火花が飛ばない不具合の2点に絞って解決方法を解説します。

スポンサーリンク

ガスバーナーがつかない!ガスが出ない・火花が飛ばない点火装置修理ポイント

  • ガスバーナーがつかない原因は、何らかの原因でガスが出ない・点火装置(イグナイター)の不具合が原因で火花が飛ばない事が殆どです。
  • ガスが出ない原因は、ノズルの詰まりやガス缶温度低下によるガス圧力の低下、パッキンや不適切な取り付けでガスが出ない事が殆どです。
  • 点火装置(イグナイター)の火花が飛ばない原因は、点火装置の種類にもよりますが、電池電圧の低下・配線の接触不良・スパークプラグの劣化や汚れが原因です。
PR:このページではプロモーションを表示しています

トーチバナーやシングルバーナー等のガスバーナーがつかない原因は?

トーチバーナーやシングルバーナー等のガスバーナーがつかない原因は、主にガスボンベ側と点火装置の不具合の2種類に大別出来ます。

この2種類の原因の内訳は、ガスボンベ側の場合、冬場の温度低下によるガス圧力の低下と、常時ガス器具とガスボンベを接続したことによるパッキンの劣化、ガスボンベのフランジの変形によるガス漏れが考えられます。

点火装置側がつかない場合、点火装置自体が故障する事は稀で、点火装置から伸びる配線の接触不良や、ガス器具のスパークプラグや筒内部の錆が原因でスパーク不良が発生する場合があります。

ガスバーナーがつかない!ガスが出ないのは詰まりが原因?

ガスバーナーがつかないのは、ノズルに何か詰まったりすることも勿論ですが、そのほかのかなり大きな原因として、冬場ガス圧力の低下や、点火装置の錆やスパークの不良が考えられます。

ガスバーナーの缶変形やパッキンの不良によるガス漏れガスが出ない原因

ガスバーナーがつかない原因の一つとして、ガスが出ない事が挙げられますが、ボンベの変形や低温、パッキンなどの不良によって、思わぬ箇所からガスが漏れたりガスがでなかったりする場合があります。

ガスボンベの変形は危険!
パッキンと接着不良を起こしガス漏れの原因にも

画像はカラになったボンベで解説していますが、ガスボンベを落としてしまい、ガスの出口付近のフランジが変形してしまうと、ガスが上手くセット・パッキンに密着されず思わぬところからガス漏れする可能性があります。

事実、このガスボンベは殆どカラの状態ですが、わずかにサイド部分からガス漏れの匂いがしています。

OD缶のパッキン
シングルバーナーのOD缶パッキンの様子

購入したOD缶のキャップを開けるとデフォルトでガス漏れ防止用のパッキンがついて居るので、これを間違えて外さないように注意してください。

OD缶に取り付けるシングルバーナーや、トーチバーナーのガス器具側にもこういったパッキンがついて居ますので、劣化などが無いか注意しましょう。

このパッキンがガスバーナーには最も重要で、このパッキンに守られているからガス漏れを防ぐことが出来るのです。