コーキング剤の保存方法まるわかり!お勧めの保存方法

コーキング材の栓 田舎暮らしを楽しむ
栓をすることで無駄な硬化を防げる

コーキング剤を少ししか使用せず、ノズルが詰まって困った経験はあると思います。そんな場合に一本使いきらなくても固まらないようにする保存用キャップやおすすめの保存方法について解説します。コーキング剤が余った時の捨て方やDIYの活用事例も紹介します!

スポンサーリンク

コーキング剤の保存方法まるわかり!お勧めの保存方法のポイント

  • コーキングが固まらない方法は、使用後に如何にコーキングノズルを密閉するかにかかっている。
  • コーキング剤を保存するには、ノズルを外してサランラップをかぶせてそのままノズルをねじこむ方法が安上がり。
  • コーキング剤をサランラップで保存するのが面倒な場合は、どこのホームセンターにも大抵固まらないようにするためのキャップが販売されていますのでそれを利用するのが一番でしょう。(数百円ですし)
PR:このページではプロモーションを表示しています

コーキング剤は固まらないように適切に保存すれば、一度使用しても再び余ったものを使う事が出来ます。保存期間なども関係なく、一度使用したものをどれだけ密閉性を保ち保管できるかにかかっています。

コーキング剤を固まらないように保存するおススメの方法はいくつかありますので私が実践している方法をご紹介します。

シリコンコーキング剤について初めての方はこちらの商品をご覧ください。こういう先端にノズルがついていて、コーキングガンで後ろから押し出すシーリング材の事です。

コーキング剤専用の保存用キャップを購入する

ありきたりな方法ですが、コーキング剤の保存用キャップを知らない人も多いです。コーキング剤が販売している店舗であれば大抵置いてあると思うので、一緒に購入すると良いでしょう。ただし、ノズルの切断面の形状や大きさによってはハマらない場合がありますので注意です。

ノズルのキャップも様々な種類のものを使ってきましたが、ホームセンターにはないキャップにひっかけるわっかの付いたものが結構使いやすいです。

コーキング剤本体ネジ部分にサランラップをかぶせてノズルを取り付ける

コーキング剤を確実に長持ちさせたい時はこの方法を使い、更に上記の保存用キャップを使っています。使い終わった余ったコーキング剤のネジ部分にサランラップを何重かにしてかぶせます。かぶせた後に、シリコンが残ったままのノズルをそのままかぶせます。これで最後に保存用キャップをかぶせれば、あまり使わないコーキング剤も長期保存できます。

コーキング剤のノズルの詰まりはどうする?困った時の対処法

コーキング剤のノズルのつまりも厄介ですが、中途半端に残って内側にへばりつくよりも、ノズル内に完全に充填された状態で取る方が簡単です。ノズルは詰まってしまっても、ラジオペンチでひっぱれば簡単に取れますし、ラジオペンチのような先端の細いものがないなら、反対側から細い棒でつっつけば簡単に取り出す事が出来ます。

中途半端に残りを取るより、ノズルに残ったシリコンはそのままにして乾いたら取るのがおススメです。

余談ですが、ノズルにはこういう角度のついたものもあります。コーキングは場所によってはストレートのものだけだと作業し辛いので、角度のついたノズルも何本か用意しておく事をおすすめします。

コーキング剤が余った!?捨て方はどうする?そのまま捨てて大丈夫??

結論から言ってコーキング剤が余っても、ノズルと一緒にそのままプラゴミとして捨てて問題ありません。但し、こぼしたり他の所にくっつくとすべったりする原因になるので注意しましょう。

コーキング剤のおススメの使い方は?DIYで活用できる!

古民家や中古物件を購入した場合、劣化具合の激しい所は物件によって異なりますが、例外なく劣化している部分がコーキング処理をした部分です。風呂場・波板やアルミドアフレームなどのコーキング部分を劣化したまま放置していると、しみ込んだ雨水が住宅に悪影響を及ぼします。
木材が少しぬれたりするくらいなら良いですが、保温材が入っていると大変です。濡れた保温材はなかなか乾かずに水を吸収したまま腐りますし、水を常に含んだ保温材はカビが発生し、体調不良の原因になります。
常に水がしみ込んで乾かなくなった木材はシロアリの住処にもなり、最悪の場合雨水が原因でシロアリが発生したことで住宅倒壊の原因になりか