水道配管の基礎知識を解説!DIYで接続方法や材料・部品・費用は?

川根本町ラボ | 水道配管 趣味のDIY
川根本町の生活で水道配管をDIYする方法を紹介します。

水道配管を自分で配管出来たら業者を呼んで修理するより安上がりで良いと思いませんか?

水道配管施工の経験からDIYでも活用できる水道配管の接続方法や材料・部品・費用に至るまで水道配管基礎知識を業務で数多くの水道配管を施工してきた筆者が詳細に解説します。

スポンサーリンク

水道配管の基礎知識を解説!DIYで接続方法や材料・部品・費用ポイント

  • 水道配管は法律の制限なく個人でも基礎知識さえあればDIYで施工・修理が可能。
  • 水道配管のDIYに使う基本道具はシールテープ・パイプレンチ・ウォーターポンププライヤ・塩ビ管カッター・エスロンがあればOK。
  • 水道管にも色々あるが、水道蛇口等の高圧がかかる部分はVP管。排水はVU管。温水が流れる部分はHT管と覚えておこう。
  • ボールバルブを使うときはフルボアタイプが内径が小さくならずにおすすめ。
PR:このページではプロモーションを表示しています

水道配管だけに関わらず、何でも故障したからと業者を呼んでいてはいくらお金があっても足りませんし、技術も身に付きません。田舎暮らしにおいて水道配管は修理が必要なカテゴリの筆頭に挙げれます。業者を呼ぶにしても、田舎暮らしでは業者を探すのも呼ぶのも一苦労です。何かあっても直ぐに対応できるように水道配管の基礎知識を学んでDIYに活かしましょう。

水道配管やバルブ・継ぎ手を自由に接続出来るようになるとDIYの幅も広がりますし、水道配管は日常のライフラインで使用する物なので覚えておいて損はありません。

水道配管のDIYに必要な材料や費用は?

それでは下記で水道配管のDIYで必要な材料と費用を解説します。写真の配管図はパイプにボールバルブを接続してホースを接続できる配管です。

川根本町ラボ | 水道配管
DIYで水道配管を接続する具体例

上記の配管はホースシャワーなどの配管を増設したい時によく使います。特筆すべきはボールバルブです。バルブと一口に言っても様々な種類があり、手動で開閉するものから機械式の電磁弁など様々です。今回はフルボアタイプのボールバルブを利用してシャワーホースを接続する際の配管を考えてみました。

費用に関しては金属部品はやはり高価です。一番小径のVP13用の配管で大体2000円~3000円前後です。水道管の外径に比例して材料も高くなります。チャッキバルブ等の特殊な用途のバルブや、電気制御で水道の開閉をON・OFF出来るバルブは数万円する場合があります。

パイプの配管例

1.VP13 塩ビ管
2.異形継ぎ手
3.ボールバルブ
4.チーズ
5.バルブソケット
6.チャッキバルブ(チェックバルブ)逆止弁
7.ボールバルブ
その他:他にも画像のように流体が見えるように透明の塩ビ管や継ぎ手なども存在します。使用前はクリアですが、段々日焼けして見えにくくなります。また、灰色の通常の物と比べて高いです。

この写真は塩ビ管のVP管・VU管・継手・ボー部バルブを使った塩ビ管の本格的なDIYで『水撃ポンプ』を自作した時の物です。

水撃ポンプとは、水の流れを圧力エネルギーに変換して永久に水を汲み上げる装置です。

水撃ポンプを自作して川から永久に水を汲み上げるフリーエネルギーポンプ

塩ビ管を使った本格的なDIYに興味のある方は是非、水撃ポンプの自作の記事もご覧ください。

ホースバンド

ホースバンドはあえて説明の必要は無いかと思いますが、タケノコとホースをしっかり接続する時に使います。私はドライバーでねじ込むのが面倒なので購入するときは必ず手で回せるつまみが付いたものにしています。