ユンボの免許を静岡で取得し私有地で使う!種類は?教習所や費用は?

開拓中のユンボ 趣味のDIY
土地を開拓しているユンボ。池や露天風呂の穴位なら1時間とかからない

私有地でユンボを使う場合、免許の有無や取得日数・費用を考えた事はありませんか?今回の記事を読めば、実際に私有地で使う場合の免許の必要性や免許取得の流れについて知る事が出来ます。実際に静岡県浜松市でユンボ免許を取得した私が8分で小型車両系建設機械(3.5t未満)の免許取得について分かりやすく解説します。

尚、ユンボとショベルカーは同じ意味で小型車両系建設機器となります。

スポンサーリンク

ユンボの免許を静岡で取得し私有地で使う!種類は?教習所や費用ポイント

  • ユンボの免許取得に試験があるけど、心配しなくて全然平気!試験とは名ばかりの単なる確認作業!
  • 掛川クレーン学校で免許を取る場合の費用は約25000円で取得に二日かかる。
  • 私有地で小型車両系建設機械(3.5t)のユンボを使用するなら免許は不要だが、操作も難しいし取っておいて絶対に損はない。(仕事で使う場合は絶対必須!)
PR:このページではプロモーションを表示しています

ユンボを免許なしで私有地である自宅で使用する場合は、結論から言ってユンボの免許は必要ありません。法律に触れる事もありません。

開拓中のユンボ

では、ユンボの免許を取得した場合に得られるメリットはなんでしょうか。私も隣の方がユンボを持っていましたので借りて自宅を整地する事にしました。通常であれば免許は不要でそのまま使用する事が出来るのですが、あえて免許を浜松まで取得しに行った理由を解説します。

下で理由について解説する前に、ユンボの免許取得までの道のりをステップ順に確認しておきましょう。

ユンボ 免許取得までの道のり
  • STEP1
    使用するユンボの車両重量を確認

    IHIの場合は本体横にデカく記載されており、商品名の一部になっていました。

  • STEP2
    諸々の予算を確認

    免許取得費用【25000円】+ユンボのリース代金【日1万~が相場らしい】

  • STEP3
    免許申し込み

    免許を申し込むなら掛川クレーン学校がおススメ

  • STEP4
    受講する

    掛川クレーン学校の場合2日で取得可能。(筆記試験・実技試験ありだが名ばかりで単なる確認作業)

  • STEP5
    免許発行

    受講当日に免許用写真の撮影があり、受講終了日に免許を受け取れその日から使用可能

実際に掛川クレーン学校で取得した免許の表と裏面の写真。車の免許証とサイズは変わらない。

ユンボ免許【小型車両系建設機械3.5t未満】表
掛川クレーン学校で発行される免許:表面
ユンボ免許【小型車両系建設機械3.5t未満】裏
掛川クレーン学校で発行される免許:裏面

免許が不要な私有地での使用にも関わらずあえて免許を取得した理由

田舎暮らしで困る事の一つに整地作業が挙げられると思います。なかなか自分で重機を運転したくてもパワーショベルは操作レバーも多く資格も無にいきなり操作するのは大変です。今回の記事は川根本町では業者に頼んで土地を開墾、整備するより自分で小型車両系建設機器の免許を取りに行って土地を整備した方がコスパ良くおススメという内容です。

IHIのメーカーの場合、ユンボの躯体横に数字が書かれています。その数値が車両重量です。画像のユンボの車体重量は2.8tのようです。
不安ならば説明書を見ながら、取得しなければならない免許の種類を確認しましょう。

持ち主ですら詳細な操作方法を知らなかったから

私のケースですが、持ち主の方も詳細な操作方法やメンテナンス方法をあまり理解しておらず、聞いただけで操作をするのは危険と判断したからです。

また、簡単な操作方法について教えてもらうにしても、流石に持ち主の忙しい時間を使ってまでするのは気が引けました。

仕事でも使えるメリットは大きいから

仕事でユンボを使用するなら当然無資格での操縦は出来ません。小型車両系建設機器の免許が必要になります。私の場合は使用するユンボのメーカーがIHIで車両重量は2.8tでしたので、小型車両系建設機器の免許でOKという事になります。小型車両系建設機器の免許は3.5t未満の重機に対して有効な資格です。

土木建築業界で働く気はないですが、万が一の時に使える資格があるのも心強いものです。

ユンボを使い私有地の茶ノ木や土地の整備をしたかったから

川根本町では、お茶の木を抜いたりするのに重機(パワーショベル)を使用します。私は数か月かけて重機が入らない茶ノ木を100本以上抜きました。とても重労働ですが、コツを掴めば抜けない事も無いです。

坂道の多い川根本町では、整地作業も一苦労です。流石にスコップとつるはしやレーキだけではどうにかなるものではないので、パワーショベルの資格を取得する事をお勧めします。(重機は一日1万円前後で貸出をしている業者もあります)川根本町では、お茶所という事もあり要らなくなった茶ノ木を整備する為に重機を共同で所有している方や個人所有している方もちらほらいますので、そういう方の近くに住んでいる人はラッキーです。

要らなくなった茶ノ木は他の草木に比べてかなり高く成長するので、日当たりも悪くなりますし虫も出るのでお茶をやめた方は直ぐに抜くことをお勧めします。ちなみに川根本町では一時間5000円で重機の作業を請け負ってくれるところもあります。

お茶以外にも池を作ったり、井戸を掘ったりもほぼ一日か半日あれば終わるので池や井戸を掘る事を考えている方は重機の使用も視野にいれると良いかもしれません。