再生バッテリーの作り方は?死んだバッテリーを復活させる方法

サルフェーション除去装置の構造 田舎暮らしを楽しむ
構造は極めてシンプルで、普通の充電器と同様だがパルスを発生させる

使えなくなった鉛バッテリーや密閉式バッテリーで再生バッテリーの作り方を解説します。再生バッテリーの作り方からリユースして車で使えるかを検証。

再生バッテリーを処分するなんてもったいない!難しい事は一つもありません!道具一つ。放置するだけで簡単に再生バッテリーを作る手順を詳細解説。弱ったバッテリーを車以外にリユースする方法も紹介。

スポンサーリンク

再生バッテリーの作り方は?死んだバッテリーを復活させるポイント

  • 死んだバッテリーのほとんどはサルフェーションが原因で電圧降下している。
  • 弱ったバッテリー(単に交換時期が来て交換したバッテリー)はほぼ復活可能。
  • 弱ったバッテリーは車に使えなくても再生してDIY用途なら十分な場合が多い。(ソーラーパネルの充電用や溶接用に転用)
  • 鉛バッテリーは復活剤が必要になる事も。(バッテリーの液体レベルを確認する)
  • 密閉式バッテリーは液量確認が不要!従って鉛バッテリーの様な復活剤も不要!
  • 再生バッテリーの寿命を延ばすには、完全放電させず適度な充電が必要。(放置するとサルフェーションが発生する原因となる)
PR:このページではプロモーションを表示しています

車の弱ったり死んだバッテリーの種類は主に密閉式バッテリーと開放型のバッテリーです。

他にもメモリー効果が発生しない高価なリチウムイオン電池もありますが、密閉式バッテリーも開放型バッテリーも両方ともノーマルなものは価格の安い鉛バッテリーが使われています。

密閉式バッテリーは従来の開放型バッテリーに比べ、メンテナンス性が向上した鉛バッテリーです。

この密閉式バッテリーは液量の確認が不要のものが殆どです。(全てではないがほぼ確認不要)従って、冒頭のポイントでも書いた通り、そもそも復活剤などを入れる場所がありません。

車のバッテリーが上がったら直ぐに上がるわけではないが自然回復はしない

長時間、エンジンをかけずにバッテリーだけでエアコンやカーナビを使い続けるとそれだけでバッテリーには相当な過負荷となります。

勿論、エンジンをかけずに使用する事も出来ますが、バッテリーの負荷となり使い続ければ何れバッテリーが上がってしまうのでお勧めしない使用方法です。

上がったバッテリーは充電しない限り、電圧降下したバッテリーが自然回復する事はありません。

一度ならまだしも、何度も同じような使い方をしているとバッテリーの寿命が極端に減ります。サルフェーションもどんどんたまり、自然回復どころかサルフェーションを除去する充電をしないと復活できなくなります。

販売されている再生バッテリーは通常のものより安価

上記の様に、密閉型のバッテリーの場合はサルフェーションを除去し、開放型のバッテリーは復活剤などを入れてサルフェーションを除去して充電し、リサイクルされて販売される場合があります。

当然、再生品なので通常のバッテリーよりも安価です。

弱ったまたは死んだバッテリーが復活して寿命が延びる理由は?

結論から言って電極に付着したサルフェーションが原因で電気の流れを邪魔しているのが殆どの原因です。

いきなり専門用語のような文言が出てきましたが、弱ったり死んだりしたバッテリーは殆どの場合このサルフェーションを除去する事で新品同様に復活させる事が出来ます。(但し時間はかかる)サルフェーションについて簡単に説明すると、電極に電気を通さない不純物が付いてそれが抵抗となって充電しても電圧が上がらなかったり出来ても直ぐに電圧降下する原因となります。

サルフェーションは80%以上使用したバッテリーを数日放置しておくと、バッテリー電極のマイナスに硫酸鉛という電気を通さない物質が結晶化します。これが電気抵抗の原因です。この硫酸鉛をサルフェーション除去装置を使用する事で、バッテリーの電極を綺麗にして元の状態へ再生します。

再生バッテリーの作り方と寿命を延ばす方法。サルフェーション除去装置

それでは再生バッテリーを再生させて寿命を延ばす具体的な手順や方法に解説していきますが、作業前にステップ順で作業ポイントと流れを確認しておきましょう。下記でも警告していますが、バッテリーに通電してサルフェーションを除去している最中は水素ガスが発生する為、換気の良い場所で可燃物には注意してください。

警告:サルフェーション除去中のバッテリーからは水素ガスが発生します。可燃物の使用は厳禁!

再生バッテリーの作り方と作業ポイント
  • STEP1
    再生バッテリーの劣化具合調査

    まずは死んだり弱ったバッテリーの劣化具合を確認しない事には再生するべきなのかどうかわかりませんので、バッテリーが本当に劣化して再生する必要があるのか確認します。(電圧で確認)

  • STEP2
    サルフェーション除去装置の使用方法

    サルフェーション除去装置を使えば、繋いで放置しておくだけで弱ったり死んだバッテリーで再生バッテリーが作れる!

  • STEP3
    必要な工具の準備

    再生バッテリーを作るときにあると便利な工具について紹介。

  • SETP4
    バッテリーとサルフェーション除去装置の接続

    バッテリーの劣化確認・サルフェーション除去装置の概要について理解・必要な工具が準備できたらバッテリーとサルフェーション除去装置を接続します。

  • STEP5
    バッテリーが上手く再生できない時は?

    サルフェーション除去装置を接続してもバッテリーの電圧が復活しない場合の対処方法について解説。

まずはバッテリーの劣化具合の確認をしよう!

バッテリーの劣化を確認する方法として、一番わかりやすいのが最近セルモーターの回りが悪いとか、エンジンのかかり具合が悪いという事で初めてバッテリーを疑う事が多いかと思います。(もちろん他にも要因はあるとおもいますが)そこで、電圧計で測ってみるとバッテリーの電圧が10V位に低下していたとか、バッテリーが膨張していて異常がわかります。

サルフェーション除去したカーバッテリー
サルフェーション除去装置を使用する事で再生バッテリーでも殆ど回復出来る

ですので、しばらく使用していない車やユンボ(小型パワーショベル)のエンジンがかかりにくいのはサルフェーションが結晶化して電圧降