電磁波が体に悪いは嘘!スマホは寝るとき機内モードがおすすめ?

スマホの機内モードは電磁波に効果的? 電気電子・情報工学
スマホを寝るときに機内モードにしても電磁波の影響はあまり意味がない

電磁波が体に悪いのは嘘でもあり本当でもあります。

それは、電磁波の波長や距離、ワット数や照射時間に依存するので、一概には電磁波が体に悪いのは嘘と言い切れない部分があるからです。

私たちが普段使っているスマホは、寝る時に機内モードにして、どのくらい離すと電磁波の影響を受けにくいのでしょうか?

今回の記事では工学部を卒業した筆者が、電磁波が体に悪い?スマホは寝る時に機内モードにすると良いかもしれない理由や、機内モードで電磁波を測定する簡易的な方法について解説します。

スポンサーリンク

電磁波が体に悪いは嘘!スマホは寝るとき機内モードがおすすめ?ポイント

  • スマホの電磁波が体に悪いというのは殆ど迷信に近い!常に電波が出続けて居るわけではない。
  • 電磁波の人体影響が心配なら、スマホは寝る時に機内モードにして距離を置いて寝ればOK。
  • スマホの電磁波はどのくらい離すと安全か?という考え自体がナンセンス。なぜなら電磁波あらゆる方向から常に浴び続けて居るから。
PR:このページではプロモーションを表示しています

電磁波が体に悪いのは必ずしも嘘ではないが安全基準は満たされている

冒頭でもお伝えした通り、電磁波が体に悪いというのは本当でもあり嘘でもあります。

今回はスマホや携帯の電磁波の影響について不安がある読者が殆どだと思うので、まずはスマホや携帯電話に限ってお話しすると、スマホや携帯の電磁波が人体に与える影響はほとんどないと言っていいと思います。

スマホの電磁波の影響
スマホの電磁波が体に悪いは嘘でもあり本当でもあるが、種類による

そもそも常識的に考えて、携帯各社も当然のことながら、普段生活で使用するスマホや携帯電話から、即座に人体に影響が出る強い電磁波を発生させる機器を販売している訳がありません。

スマホに限っては5G電波が影響を与える!?という噂は殆ど都市伝説と言って良いと思いますが、電磁波にも種類があります。

電磁波とは光もその一種ですが、可視光や目に見えない不可視光の有害な電磁波が存在します。

例えば、電磁波でもレーザーのように指向性を持たせるとエネルギーが一点に集中し、ワット数によっては、指や人体など簡単に一瞬で切断してしまうレベルの高エネルギーの電磁波と言えます。

他にも危険な電磁波は沢山存在します。

医療でレントゲン・CTスキャンに使うX線も危険な電磁波の一種で、原子力発電所から出るγ線(ガンマ線)も細胞やDNAを傷つけ、がんや白血病などの病気を引き起こす可能性がある電磁波です。

光が電磁波の一種という事を解説しましたが、実は私たちが普段浴びている太陽光からも、危険な電磁波が出続けて居ます。

UVA、UVB、UVCに代表される紫外線は、私たちの皮膚を焦がし健康的なレベルでは日焼けを起こし、過剰に浴びると火傷や発がん性を引き起こす原因になります。

今までの解説で何となくわかったと思いますが、私たちの身の回りには、安全・危険も含めて様々な電磁波が飛び交っていますので、防ぎようがありません。

電磁波が人体に与える影響は電磁波の種類にもるので、X線やガンマ線レベルの危険な電磁波であれば、体に悪いのは本当で、スマホや携帯から出る人工的な電磁波は、殆ど影響がなく、電磁波が体に悪いというのは嘘とも言えます。

スマホの電磁波を避ける為?寝るときは機内モードが良いの?