蛍光灯スイッチ配線!スイッチに関する配線図と繋ぎ方は片切りでOK

片切ホタルスイッチを自作 電気電子・情報工学
トグルスイッチとネオンブラケットを直接配線してホタルスイッチを自作する

蛍光灯のスイッチ配線は片切スイッチが良く使用されます。

今回は照明器具スイッチに関する配線図や『電源を切った時にパイロットランプが光る』異時点滅回路の繋ぎ方の基本をDIYで制作しながら解説していきます。

異時点滅回路は別名ホタルスイッチとも呼ばれ、照明器具の電源を切った時にランプが光るので暗い室内でスイッチを探すのに手間取らず便利な配線の繋ぎ方です。

スポンサーリンク

蛍光灯スイッチ配線!スイッチに関する配線図と繋ぎ方は片切りでOKポイント

  • 片切りのホタルスイッチ(電源OFFでネオンランプが点灯する回路を異時点滅回路という)はトグルスイッチとネオンブラケットがあれば自作できる。
  • 異時点滅回路とは、ネオンランプと照明のONとOFFが逆転している回路の事で、電源を切るとネオンランプが点灯し、照明を点灯するとネオンランプがOFFするので暗い場所のスイッチ探しに迷わなくて済む。
  • 片切りスイッチとは電源回路の白と黒の配線のうちどちらかを切る為のスイッチでスイッチの基本形。両切りスイッチは黒と白の線両方を切るスイッチの事。
PR:このページではプロモーションを表示しています

蛍光灯のスイッチは片切りトグルスイッチで異時点滅が便利!

工場などの照明器具には、スイッチが付属していない事も多いです。

スイッチ取り付け用のへこみがついて居るのですが、プルスイッチはひもが垂れて邪魔な気もします。

そんな時に照明器具の本体にトグルスイッチとネオンブラケットを使用して片切スイッチのホタルスイッチを作ります。

異時点滅回路は電源を切ってもネオンランプは点灯しているので、真っ暗な室内で照明器具のスイッチを探すのにとても便利です。

スイッチをONにするとネオンランプは消灯し、反対にメインの照明が点灯します。

ホームセンターには壁付け用の片切ホタルスイッチが販売されていますが、これを蛍光灯本体にインストールする事は不可能なので、少しの加工で済むトグルスイッチとネオンブラケットで片切りのホタルスイッチを製作します。

蛍スイッチをトグルスイッチとネオンランプでDIYする時のパーツと工具

ホタルスイッチを自作する時のパーツや工具について解説します。

パーツに関しては、基本はCVケーブルとVVFケーブルにトグルスイッチとネオンブラケットと配線同士を接続する為の絶縁被覆付閉端子で、工具に関しては今回はハンダ付けメインで行うので、半田コテとハンダにニッパーとラジオペンチ、被覆をむくのにワイヤーストリッパーか電工ナイフにカシメ工具が必要です。

サトーパーツネオンブラケット(BN-23-1R)

サトーパーツのネオンブラケットです。大粒のダイヤモンドカットのランプが180度どこからでも視認しやすくゴージャスです!

今回はサトーパーツのネオンブラケットを使用しましたが、100Vで使用できるネオンランプや抵抗が挿入されて100Vで動作するLEDブラケットであれば、何でも構いません。

LEDを選択する場合は、間違えても12V用を選択しないように注意してください!壊れるのは勿論ですが、リアルに燃えます。

また、ブラケットとは躯体に固定できるようなフランジやネジがついて居るランプの事を指します。

トグルスイッチ(片切スイッチ用)パナソニックWD102180F

今回は家電量販店に売っているスイッチではなくトグルスイッチを蛍光灯本体に直接インストールします。

トグルスイッチはAC100V以上の耐圧のあるものなら何でも構いませんので、お好みで好きな形を選んでください。

ただ、照明用のスイッチですので、大きめのものをお勧めします。

トグルスイッチも実に様々な物がありますが、パナソニックのWD102180Fがなかなか配線初心者にはお勧めかなと思います。

このスイッチには端子部分に丸型端子を取り付けられるネジがついて居るので、極力スイッチのハンダ付けを減らしたい電気工事士の免許取りたてのユーザーにお勧めです。