テスラコイルの危険性や使い道!作り方と電磁波の人体影響がヤバい!

テスラコイル巻は根気がいる 電気電子・情報工学
要所要所コイルがほどけないようにテープで止めながら作業する

テスラコイルの作り方と電磁波の影響や危険性、使い道について詳しく解説します。

テスラコイルは天才科学者ニコラ・テスラが発明した高電圧・高周波を発生させるコイルで、度々楽器や演奏のパフォーマンスとしても使われますが、その使い道は多岐に渡ります。

テスラコイルで空気を電離させて発生したオゾンは酸化力が大変強く、0.5ppm以上の濃度では目の痛みや呼吸障害や胸痛が発生するとも言われています。

今回の実験では、人体に影響を及ぼさない子供や学生でも楽しめる理科の実験程度の安全な範囲でテスラコイルを製作しプラズマを発生させ、高周波や放電、ワイヤレス給電の基礎原理、人体への危険性について学びます。

影響は極めて少なく以下のような事が起こる事は稀ですが、この実験では高周波・高電圧・放電・プラズマを発生させます。場合によっては機器の誤動作や故障、感電などの危険性もある為、医療機器を取り付けている方や、小さい子供やペットがいる室内ではオゾン臭が不快に感じ、高周波がノイズの原因になる場合がありますので、安全に注意して行ってください。

スポンサーリンク

テスラコイルの危険性や使い道!作り方と電磁波の人体影響がヤバい!ポイント

  • テスラコイルは発生したオゾンを吸い続けると、濃度によっては死亡する程酸化力が高く危険性のある気体を発生させる。
  • テスラコイルの使い道は、主に科学実験、プラズマ音を利用した楽器の演奏、発生した電磁波でワイヤレス給電、殺菌や虫よけなど多岐に渡る。
  • テスラコイルは、天才科学者ニコラ・テスラが発明したコイルで、現在では交流電流・電動機・トランス他テスラの作った機器は私たちの生活に欠かせないものとなっている。
PR:このページではプロモーションを表示しています

テスラコイルに危険性はあるのか?電磁波の人体影響や使い道は?

結露から言ってテスラコイルに危険性があるのかと言えば、あります。

勿論、電圧や流れる電流やプラズマに触れる時間にもよりますが、高周波で放電するプラズマは、今回の実験回路で制作したものは触ればビリッとしますし、マッチや紙を近づけて放電させれば実際に火が付きます。

何度も書いた通り、テスラコイルは空気を励起させてオゾンに変えてしまうほどのパワーを持っていますので、小規模ながらオゾンが発生します。

今回の実験では人に健康被害が出るほどのオゾンは発生しませんが、それでもあの強烈で独特なオゾンの臭いだけで具合が悪くなる場合もありますので、注意が必要です。

また、テスラコイルで発生した高周波の電磁波は、精密機器に影響を与える可能性がありますので、なるべく動作中のスマートフォンなどの近くでは使用しないよにしましょう。

ちなみに、テスラコイルの近くで携帯電話を利用した時、どうなるかは故障するか圏外になり高周波ノイズで一時的に電波が入らなくなることがあります。

スマートフォンに使用されているリチウムイオンバッテリーは熱を帯びると発火する危険性もあるので、注意してください。

モバイルバッテリーが発火する危険性に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

\モバイルバッテリーが発火するってマジ?/

モバイルバッテリーに使用されているリチウムイオン電池は発火しやすい金属が使われている

テスラコイルとは何なのか?シンプルな回路ながら原理はとても複雑

ここで少しテスラコイルの原理や開発者のニコラ・テスラについてお話しします。

開発者のニコラ・テスラは、1856年から1943年にかけて様々な電気機器を開発した天才科学者です。