モバイルバッテリー発火確率と火災事例!落としたけど大丈夫?

モバイルバッテリーの発火確率 電気電子・情報工学
モバイルバッテリーの発火確率や発火事例について解説!どんな時に発火する?

モバイルバッテリーは私たちの生活で無くてはならない電源ですが、メーカーや使用方法を誤ると発火の確率が高まったり、PSE表示の無い中国製モバイルバッテリーが爆発して死亡したという報告もあります。

有名モバイルバッテリーメーカーのAnkerでは2023年に日本で初の発火が報告され、メーカーより自主回収したという火災事例もあり、PSEマークのついたモバイルバッテリーと言えど安心できないことがわかります。

メーカー問わず、私たちが出来るモバイルバッテリー発火の対策としては、強い衝撃を与えない・分解しない事を守れば、普段使用で爆発や発火確率が上がる事はまずありません。

また、人が手で持っている高さから落とした位では、爆発や発火の心配はないので大丈夫ですが、高い所から落としたりした場合はこの限りではありません。

PSE表示の無いモバイルバッテリーは、下記の火災事例にもある通り、発火確率を高め大変危険ですし、本来PSE表示の無い製品は販売自体が違法なので、誤って購入しないように注意してください。

スポンサーリンク

モバイルバッテリー発火確率と火災事例!落としたけど大丈夫?ポイント

  • PSEマークの付いて居ないメーカー不明のモバイルバッテリーは発火確率が高く、発火の原因となる事がある。でも、落としたくらいでは大丈夫!
  • モバイルバッテリーの最近の火災事例は電車内でPSEマークのついていない中国製モバイルバッテリーが発火したり、リチウムイオン電池をそのまま捨ててゴミ収集車が発火した!
  • モバイルバッテリーは内部の液が高温でガス化し、爆発して死亡した事故もある。Ankerのモバイルバッテリーは2023年日本で発火報告があり、自主回収した。

モバイルバッテリーが発火する確率は?原因や発火したらどうする?

結論から言って、モバイルバッテリーが発火するかどうかや発火の確率や原因は、モバイルバッテリーの種類によるとしか言いようがありませんが、発火するにはいくつかの原因がありますので、発火したらどするか対処方法を含めて解説します。

モバイルバッテリー発火したら?
モバイルバッテリー発火したらどうするか消化方法の注意点

リチウムイオン電池って何?発火するモバイルバッテリーはリチウムだけ

モバイルバッテリーには様々な種類がありますが、使われるバッテリーの種類は、近年ではリチウムイオン電池が主流ですが、このリチウムとはどのような物質で、なぜ発火しやすいにも関わらずモバイルバッテリーに使われるのでしょうか?

リチウムイオン電池に使われるリチウムとは金属の事で、金属と言えばとても固いイメージがありますが、リチウムは他の金属と比べてとても軽く、密度も低いので、刃物で切れる程柔らかいのが特徴です。

イオン化傾向と反応性も高く、直ぐに電子がなくなり、陽イオンに変化するのでこれが反応性の高さでもあります。

リチウムは今回紹介しているモバイルバッテリー以外にも、うつ病の治療薬として使われる事もあるようです。

リチウムはリサイクルも可能で、繰り返し使用できモバイルバッテリーにおいては、他の電池と比べてメモリー効果が無いため、繰り返し充電しても電圧が低下する事がありません。

例えば、他のニッカド電池や鉛バッテリーはメモリー効果も激しく、鉛バッテリーに関しては大変重く、希硫酸を使用し危険な事もありますし、反応時に水素を発生させます。

鉛バッテリーは主に車のバッテリーに使用される大容量バッテリーですので、今回の記事では対象外ですが、鉛バッテリーに関するメンテナンスや、電圧が低下して使えなくなった鉛バッテリーの復活方法はこちらの記事で詳細に解説していますので、ぜひご覧ください。

\車の鉛バッテリーを復活させてリサイクル再生バッテリーを作ろう!/

死んだ鉛バッテリーを復活させて再生バッテリーを作る方法!

大きく分けてリチウムがモバイルバッテリーに使われる理由は以下の二点です。

何故、モバイルバッテリーにリチウムが使われるのかを一度纏めると、何度使用してもメモリー効果が起きないので電圧が低下しない為と、リチウムは金属密度が低いので、単位当たりの反応面積を稼ぐことが出来るので小型化し易い。

発火確率や原因・発火した時の消方法と発火しない対策について解説

リチウムはイオン化傾向が高く、反応性の高い金属であることは上記の見出しで解説した通りですが、ではこの発火しやすいリチウムが発火する原因と、発火した時の消化方法や、発火しない対策について私たちが出来ることを解説します。

リチウムイオン電池は、内部構造が絶縁体を真ん中にして、両側を金属で挟んだような構造で、内部が液体で満たされています。

この外装は反応しやすいリチウムを保護するためにとても強固に作られていますが、この外装が破れ、内部のリチウム金属が空気や水に触れると一瞬にして発火する原因になります。

発火確率としてはそれほど高くなく、後ほど詳しく解説しますが、リチウムイオン電池のモバイルバッテリーの発火原因は、衝撃や外装破れだけが原因ではなく、過充電や過放電の充電状態の変化も事故の原因になります。

電池は自然放電という現象があるので、何らかの保護回路を使用してその余剰分を担保することで放電対策できなければ、そのまま放置しているだけで自然にモバイルバッテリーが発火する原因になるという事です。

ですので、発火確率を抑え、発火しない対策として最も重要な事は、リチウム金属を外気や水分に触れさせない強固な外装と、過充電・過放電を抑える保護回路が発火の対策につながるという訳です。

続いて、発火した時の対策ですがこれはかなり難しいです。

水をかけても消えることは無く、消化は極めて困難と言えます、そもそもリチウムは外気との反応性が高いため、油に入れて保管されています。

反応した水は少しの消化液や水では消えることが殆どなく、水が流れた個所からまたすぐに発火してしまうので、自然に燃え尽きるまで安全な場所に避難するのが一番です。

東京消防庁の案内には大量の水で・・・と書かれていますが、これは判断を誤ると大事故につながる可能性があります。

リチウムそのものを大量の水に入れた場合、反応が一気に進み爆発する危険性もゼロではないからです。