PV稼ぎがうざい!ページネーションは次のページをめくらせる為?

PV稼ぎがうざい? 電気電子・情報工学
pv稼ぎと単価の関係は?ページをめくらせるサイト?

PV稼ぎがうざいと思われるサイトはどのようなサイトなのでしょうか?ページネーションや次のページが頻繁に表れるページはうざいと思われる一方で、UIの観点から無くす事の出来ない機能でもあります。

勿論、関連する内部リンクなどは、クリック率を上げてウェブサイト内でユーザーの回遊率を上げる事を目的としており、それがクリック報酬型の収益に繋がったりするので、PV稼ぎがうざいと感じるユーザーがいる事も無理はありません。

今回の記事ではPV稼ぎと収益の関係性や、PV稼ぎがうざいとおもわれるサイトについて解説します。

スポンサーリンク

PV稼ぎがうざい!ページネーションは次のページをめくらせる為?ポイント

  • ページネーションやページ分割のあるサイトが全てPV稼ぎでページをめくらせるためのサイトという訳ではない。
  • ページ分割やページネーションは、UI(ユーザーインターフェース)の観点から最低限必要な機能なので、PV稼ぎでうざいと感じるのは間違い。
  • PV稼ぎはユーザーにうざいと思われる一方、サイト運営者には収益に直結する重要な要素なので、無視できない。
PR:このページではプロモーションを表示しています

ページ分割がうざい!PV稼ぎはめくらせる為の作戦!?

ページナビ・次のページやページ分割に関しては、めくらせる為というより1ページにすべてのコンテンツのリンクを張ると、ユーザーによっては逆に見えづらくなる可能性もあるので、最低限どのサイトにも必要な機能です。

ページナビは必要な機能
ページナビはPV稼ぎとは関係なく、必要な機能

また、ページナビやページネーションを使わずに1ページ内にすべてのブログカードを載せるとサイトによってはそれだけで膨大な量となり、サーバに負荷がかかる原因となるので今後もページネーションや次のページへという遷移用のリンクがなくなる事はないでしょう。

アドセンスなどの広告を利用している場合は、アドセンスの自動広告がページネーションの前後で自動で広告を入れたりするので、クリックさせる作戦と思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。(自分でやっている場合もあるが、自動広告が殆どだと思います)

PV(ページビュー)数と単価の関係は?PV稼ぎが多い程高収入

アドセンスの収益は、グーグルのプライバシーポリシーの規約上、載せる事が出来ないのが残念なところです。

PV数とアドセンスの関係
最近はインプレッション型に変わった。PV稼ぎが収益に直結する

アドセンスは、最近クリック報酬型からインプレッションごとの収益に変更されました。

アドセンスでは、表示回数毎に収益が上がる仕組みになっているので、PV稼ぎでPV数が多くなるほど収益も高くなる事は間違いありません。

PV数が多いサイトは良く見られますが、アドセンスの広告を張り付けている事が殆どで、『広告ブロックによる損益回収メッセージの表示』をONにしているアフィリエイターの方が殆どだと思いますので、これが『PV稼ぎ うざい』と思われる原因の一つなのかもしれません。

広告ブロックによる損益回収のメッセージをONにすると、広告ブロックを導入しているサイトには、JavaScriptでダイアログが表示されるので、広告ブロックをOFFにしないとダイアログが消えない設定にしているサイトは、人によってはうざいと思われる事もあるかもしれません。

私のサイトもそうで、大変申し訳ありませんが、アドセンスや物販アフィリエイトの収益で運営しているサイトなので、広告ブロックを導入されている場合は、広告ブロックをOFFにしていただけないと、ダイアログがずっと表示され続ける事になります。

広告ブロックによる損益回収のメッセージ
広告ブロックを解除しないとダイアログが消えない

私のサイトでAdBlockなどの広告ブロッカーを導入しているユーザーは、上記の様なダイアログが現れると思います。

大変恐れ入りますが、広告ブロックをOFFにしてご覧いただくと、資金面で助かります。

アドセンスのインプレッションに関する変更情報はこちらの記事で解説

アドセンスに関する最近の情報は、上記の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

10万PVはどのくらい?達成出来たらすごい

サーチコンソールのアクセス数も、Googleのプライバシーポリシーの規約上、アクセス数等のデータを掲載する事はできませんので、かくしているわけではないのですが、何となくお察し下さい。

10万PVはスゴイ!
まぐれで到達できるPV数ではないので、うざいと思われ