プラズマライターは感電がデメリットだが長寿命!線香は点けられる?

プラズマライターのメリットとデメリット 電気電子・情報工学
プラズマライターで一度に沢山の線香や花火に火を着けられる?

プラズマライターは、9000Vもの高電圧が発生しているので感電リスクがデメリットですが、正しい使用方法を守って使えば繰り返し充電して使え、長寿命であるというメリットもあります。

プラズマライターで線香や花火を点けられるかという疑問に関しては、点ける事は出来ますが、プラズマという性質上、放電範囲が3mm×3mmと極めて局所的な為、線香や花火など一度に火を着けたい用途には不向きです。

局所的という所が最大のデメリットで、花火や線香ではヤニや酸化剤がプラズマライターの電極に付着し易く、放電の邪魔をしますし、距離が近いので火傷のリスクもあります。

スポンサーリンク

プラズマライターは感電がデメリットだが長寿命!線香は点けられる?ポイント

  • プラズマライターは内部に5Vから9000Vに昇圧する回路が入っており、人が感電するには十分すぎる高電圧。
  • 濡れた状態でプラズマライターを使うと電極間距離が変化して上手くプラズマが発生しないとうデメリットがある。正しく運用を行えば繰り返し使えて長寿命!
  • 3mm×3mmという局所的な範囲でしか放電出来ない為、線香や花火の様に一度に大量の材料に火を着けたいという用途には不向き。
PR:このページではプロモーションを表示しています

プラズマライターデメリットは感電する?仕組みからデメリットを解説

プラズマライターが感電するというのは本当です、詳しくは下記の見出し部分で解説していますので、結論からお話します。

プラズマライターのアークは局所的
9000Vの高電圧で人が感電するには十分すぎる位の電圧

プラズマライターはプラズマを発生させる為に、内部で約9000Vの高電圧を発生させていますので、触ると感電するのに十分な電圧です。

内部では5Vの電圧を昇圧回路DC-DCコンバーターで9000Vの高電圧にしています。

感電のリスクだけではなく、この高周波高電圧は酸素を電離させる力があり、電離した酸素がオゾンとなり、このオゾンは酸化力が大変強い気体なので、感電リスクの他にも長期間吸い続けると健康リスクの可能性もあります。

一般的なデメリットとしては、回路が複雑で繊細かつ放電という現象は電極間距離に依存するので、どんなに防水性のがある製品でも、使用時に電極が水に濡れると電極間距離が変わってしまい、プラズマライター本来の性能を発揮できなくなります。

また、放電という現象は局所的に発生し、私が持っているプラズマライターは、3mm×3mmの範囲でしかプラズマを発生させる事が出来ず、広範囲に火を点ける用途には向きません。

アウトドアで使用する場合は、局所的ではなく大まかに広範囲に火を点ける必要があるので、局所的で雨に濡れると電極間距離が変わって本来の性能が発揮できないプラズマライターは、キャンプやアウトドアにあまり向かないと言えます。

プラズマという放電現象に関しては、wikipediaでも詳しく紹介されています。

プラズマ - Wikipedia

一般的な100円ライターにガスを再充填する場合の具体的な方法について解説した記事もありますので、100円ライターを何回もリサイクルしたい方はこちらの記事が参考になります。